This Category : いつもと違うこと

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い出逢い

2009.02.15 *Sun
昨日バレンタインデーは、私の誕生日でした。
毎年自分の生まれた時間には「今年は何をしてるかな?」と意識してみるのですが、今年は保育園へ送り出す時間だったこともあり、「靴下はいて!」「クツはいて!」と大声を上げておりました

そして、たまたまそうなっただけなのですが、昨日は最後の出勤日でした。
来週から、新しい仕事です。
そんな訳で、今の職場で仲良くさせていただいていた方のおうちへお邪魔して来ました。
ほんわかしていて優しくて、とっても気を使ってくださる方です。
短い間だったけれど、楽しく仕事ができて幸せだったなぁと思います。
こうして良い方たちと出逢えたことが、一番の収穫と感じています。

可愛いもの好きのFさん。
今はお仕事をされているので閉められていますが、なんとおうちに“自宅ショップ”をお持ちです。
そのお店がとっても可愛かったので、ご紹介しちゃいます

ご自分で絵を描かれたTシャツや雑貨が、まだたくさん残っています↓
Image054.jpg

窓の外の蔦が、太陽の光を浴びてイイ感じでした
Image053.jpg

Image056.jpg Image062.jpg Image057.jpg

初体験のマテ茶をいただきながら、仕事中はできなかったお喋りをゆっくりしました。
彼女も私も、けいぶん社さんhttp://www.keibunsha-books.com/や葡萄ハウス家具工房さん(ともに京都一乗寺にあります)が好きなことが発覚して、おしゃべりも弾みました。
けいぶん社さんは学生の時、ヒマを見つけてはのぞきに行っていました。
あの時は気が付かなかったけれど、けいぶん社さんで誰にも気兼ねすることなくゆっくり本を選んでいたあの時間って、とっても贅沢な時間だったんだって今は思います。
けいぶん社さんのサイトをご覧になれば分かりますが、そのポリシーも好きです。
本当に愉しませてくれる本屋さんです。
葡萄ハウスさんは学生時代、人生初の家具を購入した思い出のあるお店です。
その時の棚は、今も食器棚として愛用しています。

またゆっくりお話したいです。
Fさん、いただいたTシャツ、暖かくなったら大切に着ます。
Tさん、私が欲しいって知っていたかのようにワイヤープランツをプレゼントしてくださって、本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。
またいつでも会えるよね。

素敵な空間

2008.09.25 *Thu
韓国のふろしき、ポジャギの展示会が催されると聞いて、京都の”素夢子”というお店に行ってきました。
残念ながら、その展示会が急遽きのうでお終いになってしまっていて、お目当てだったポジャギたちは見ることができませんでした。
それでも、このお店の素敵な雰囲気を味わえただけで、気分がリフレッシュできました。
受け売りの情報ですが、この”素夢子 古茶屋”さん、オーナーは帯問屋、誉田屋源兵衛の十代目、山口源兵衛さんと奥様、沈 娟卿(シム・ヨンギョン)さん。
日本の美と韓国の美をご存知の方が京都という地に建てたカフェなのだそうです。
そしてお店の名の由来は、「物性から解き放たれた自然の秘密の影」を意味しているのだそうです。
ホント、哲学的ですよね。

看板↓誉田屋源兵衛・・・なんて格式高い、雰囲気ある屋号でしょうか!
画像 062

画像 061

一歩店内へ足を踏み入れると、こんな感じです。
左手に見えるポジャギから、店内が柔らかく透けてていいでしょ??
画像 060
内側からエントランスの方に向かって。
画像 056
私と三男が座った席。
ちょっとした箱庭が
画像 048

お隣の部屋も素敵!
画像 057

それからほうせんかのライト
可愛かった
画像 050


最後に、こちらで頂いた「素夢子カレー」。
画像 059
お店の方に聞くと鶏がらでだしをとっている、とのことでしたが、アスタグフィルッラー、今日だけ頂いてしまいました。
五穀米の野菜カレーです。
辛いの苦手な私でも平気なくらいの辛さで、とっても美味しかったです!!

お店の方の応対も良い感じで、また機会があったらぜひ行きたいな、と思いました。
とりあえず、今日正直に「行きたい」、と言ったら行かせてくれたダンナにありがとう。

国際結婚って、こういう素敵な形があるんだよね。
だからこそ国際結婚っていいんだよね。
私たちの現状からは程遠いけど。

でも、忘れずにいたいな。
今日感じたこと。






いっぱい遊んだね

2008.08.16 *Sat
予定していた仕事がなくなって、パパが急にお休みになりました
というわけで、みんなで遊園地に行ってきました

SUZUKA CIRCUIT 104この↑ちびっこバイク、お兄ちゃんたちとっても気に入って2回乗りました
ちゃんと写真つきの運転免許証を作ってもらって、大喜び

お目当てだったバイクの後は、あまりの暑さにプールへ直行
SUZUKA CIRCUIT 149
SUZUKA CIRCUIT 165 SUZUKA CIRCUIT 156
次男が、「ままも おみず ぱちゃぱちゃしてみー、おもしろいで」と何回も言いに来てくれました
SUZUKA CIRCUIT 169 henshu
お兄ちゃんたちが遊んでいる間、3男は暑い中、ママと一緒に日陰をさがしてうろうろ・・・。
お顔が真っ赤になってきてかわいそうだったので、最後に一緒に入っちゃいました
でもこの笑顔、満足そう
プールに入ってすぐ長男が、後半に次男がそれぞれいなくなってしまいヒヤヒヤしました
人の多いところは気をつけていても怖い!

その後も、あちこち一生懸命まわりました。
SUZUKA CIRCUIT 208 汽車ポッポにも乗ったし
SUZUKA CIRCUIT 269 はたらく車でお仕事も

帰りは車に乗るなり寝てしまいました
いっぱい遊べてよかったね。
待ち時間が長い乗り物も、がんばって待ちました

真夏日に想うこと

2008.07.24 *Thu
ここ数日、車に乗り込むと命の危険さえ感じるほどの暑さ。
つい「これは死んでしまうわ~」と独り言を言ってしまった。
こんな暑い所にいたら、死んでしまう。
本当にそう思う。

もう10日くらい経つだろうか、夕方たまたま実家にいて、なんとなくついているテレビを眺めていた。
強い日差しの中に、黒っぽい車の映像。
インタビューされているおじさんが、「何日か前からそこに停まっとったで。・・・いや、涼しい所に移動しようなんて気ィがないわな」と言っていた。
あ、熱中症か、誰か亡くなったんだな。と思った。
次にアナウンサーの口から発せられた名前と画面に出た文字に心当たりがあった。
「え!これどこの話?!」と思わず声を上げてしまった。
にわかには信じられず、同姓同名ではないかと思ったが、私たちの住む県警の名前が出てきた。
「やっぱりあの人なのか・・・」
ニュースは続いていて、「○○さんは2年ほど前から家族と連絡を取っておらず、車で生活して・・・」というのを聞いて母が「でも家がない人だって言ってるよ?」と言った。
でも私には確信があった。
少し変わった読み方をする名前なので、よく覚えていたのだ。
年のころもニュースで言っているくらいだろう。

その人は、ダンナが何度か商売がらみで連絡を取っていた人だった。
確か娘さんが2人いると聞いていた。
最後に連絡を取り合ったのは半年ほど前だろうと思う。
あまり要領を得ない仕事をするので、ダンナが「もう彼とは商売しない」と言って連絡を取らなくなったのだ。

深夜に帰宅したダンナに、○○さんって元気にしてる?
一度電話してみたら?と今日ニュースで聞いたことを話した。

数日後、帰宅したダンナが言った。
「やっぱりあの人だったよ。」
知り合いの車屋さんから聞いて、ハッキリしたようだ。
その人は、亡くなる2週間ほど前に、その車屋さんに現れていた。
もう何日もごはんを食べていないと言っていたらしい。
それで、お金を貸して欲しいとか言ったの?と聞くと
いいや、そんなことは言ってなかったらしい。
ただガソリン入れるお金もないとは言ってたみたい。と。

もう何もかもどうでもよくなっていたのかも知れないね。
死んじゃってもいいと思っていたのかも知れない。
と私は思った。
そんな状態じゃ、ケータイも当然繋がらなくなっていただろう。
でも彼が、何とかしよう、何とか生きようと思っていたなら歩いてでも知り合いの車屋さんに行って、
直接お金を借りることだってできたはず。
暑い暑い車内にいなくたって、自分だけ木陰に移動したら助かったかもしれないのに。

彼の名刺に、彼自身が書き込んだメモが、とても達筆だったのを思い出した。
何とかならなかったのかな。
あの日からずっと、あの日と同じ真夏日が続いている。
毎日休まず彼のことを思い出してしまう。

ママがんばるよ!

2008.06.19 *Thu
昨日、先週面接に行った会社から採用の連絡をいただいた。
以前勤めていた会社では賃金面で不安があったし、何より通うのに遠かった。
おととしパキスタンから帰ってきて仕事を探していた時には、その場所に通うのが都合よかったんだけど。
状況は刻々と変わるもんだ。

今回も、私の好きな製造系
もうひとつ事務のお仕事があって、今日面接予定だったけれど、そちらはキャンセルすることに。
給料は事務のお仕事の方が若干いいから、面接だけでも行ってみようか・・・と少し揺れてしまった。

けれど、「私だったらその給料の差額分節約して、好きな仕事のほうにするな」

という妹の一言で決まった
やっぱりやるなら好きな仕事。
事務より体動かせる仕事のほうが好きだし、何よりわくわく製造系
工場、物流関連が大すきな私。
楽しんで仕事ができそうです

3ヶ月から保育園に入る3男をはじめ、子どもたちにはほんとがんばってもらわなければいけないけれど、みんなで一緒にがんばろうね
ママもがんばるよ

↓関係ないけど実家のあじさい
AYAAN 032

うすい綺麗なブルーがケータイのカメラでは写りきらなくて、残念です。
最近あちこちで、アジサイが綺麗に咲いています。
ほんといろんな種類があっていろんな色があって楽しいです



プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。