スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その大きな手を

2009.01.20 *Tue
近頃、彼らは増殖している、と感じる。
彼ら、というのはダンナのような男たちのこと。
ささやかな幸せを脅かそうとする種類の人間たち。
時々、あちらから大量生産されて、どんどんこちらへ送られてきているように感じることもある。

今日子どもを保育園へお迎えに行くと、長男のクラスの先生がこう言われた。
「本当にパキスタンへ行くんですか?なんだか最近、いかにも本当のことのように言うんですよ」
子ども心にも不安がいっぱいなのだ。
いよいよ”5歳になったらパキスタンへ送ってやる”といダンナが言っていた、5歳になったから。
長男は数日前も私に聞くのだった。
「ほいくえん、ぞうさんでおわりなんやろ?」
一瞬子どもの言っている意味が分からず、
「なんで?きりんさんにならへんの?」
と聞き返してしまった。
子どもは、自分は次のクラスへ進級して、保育園で過ごすことはできないんでしょう?と聞きたかったのだ。

先生方は配慮し、努力してくださっている。
子どもが、「パキスタンは良いところなんだ」と感じ、帰るのが楽しみになるように。
そんな先生方の気持ちに全く気づかず、家庭内で台無しにしているのがダンナ。
長男を叱るときには必ずと言っていいほど発する言葉。
「お前なんかパキスタンへ送ってやる!」
「あっちへやらないと、まともにならないみたいだな!」

そんな風に言ったら、パキスタンへ行くことが罰みたいに感じてしまうじゃない。
もっと優しく諭すことができないかな。
そう思う場面が、日常に数え切れないほどある。

お絵描きや何かを作るのが大好きな長男の作品を、”ゴミ”と言い切り長男の目の前でぐちゃぐちゃに丸めて捨てることもある。
私だって全部は取っておけないから捨てることはあるけれど、長男のいない間にこっそり捨てることにしている。
丸めて捨てているのは子どものお絵描きじゃない。
子どもの気持ちをぐちゃぐちゃにして捨てているのとおんなじだ。
そして、捨てられて泣きついてくる長男を「泣くな!」と怒鳴る。
親の言うことは絶対なんだって。
でもその親子愛って、ただ老後のためだけにあるような気がする。
老後の面倒を当然のように看てくれるためには、自分の言うことには従う子になってもらわないとね。

だから、私があまりの思いやりの無さにたまりかねて家事をさぼって逆らうと、
「お前のいる意味がない!」と顔に手を出すようなことができるんだ。
人の気持ちなんて思いやる想像力が育てられていないか、そういう思考回路じゃないんだね。
それは彼らの育った土地柄に理由を求めたくなるけれど、きっとそうじゃない。
どんなにからっからに乾いた土地にでも、どんなに極寒の地であろうと、人を思いやることができる人間は育つだろうし、尊敬できるデキた人というのは世界共通だと信じたい。

いつかダンナが言っていた。
自分のお父さんは、一緒に商売をしていた相手にかなりのお金を持ち逃げされたんだけれど、その相手をしつこく追いつめないで赦したんだって。
美談みたい。
ダンナも、私の忠告を無視しては同じ国の人たちに騙されたり、弱みをつかれて正当な主張ができなかったり・・・それも父親の美談を受け継いでいるつもりかな。
でも、その大切なお父さんにさえ送金してあげられない現実があるのに、こちらの家族がこんなにあえいでいるのに、何もできないのはただの我儘でしかないと思う。
家族を守れないなんて、そんな美談、要らない。

私に振り上げるその大きな手を、本当の意味で家族を守るために使えないの?

何年も土の中で過ごす蝉のように、あるいはラフレシアの花のように、じっと時機がくるまで身をひそめていよう。
どちらにしろ今は動けないのだから、余計な波風は立てないように。

長男にはいつも言い聞かせている。
「ばばは、○○だけパキスタンへ行かせるなんて言ってるけど、心配しんでいいしな。行くときは、ママも一緒やしな。」
一度している失敗だけに、子どもを手放したら最後、のような気がする。

 
スポンサーサイト

COMMENT

No title
>「お前なんかパキスタンへ送ってやる!」
「あっちへやらないと、まともにならないみたいだな!」

ってことは、彼は知っているんですね、皆がパキスタンになんか行きたくないってことを。

言うことを聞いても聞かなくても、いずれはパキスタン行き?
そんなのって許せませんね。
バツを与えるような感覚で、人のことをあっちこっちやるなんて、何様なんでしょう。

ご主人がそんななら、尚のこと、パキスタンに行っちゃダメだし、子供も手放したらダメですよね。
2009/01/21(水) 00:13:02 | URL | 越ヌール #- [Edit
パキスタンへ行きたくない、という訳ではないんですが、自分ひとりだけ連れて行かれる、ということに恐怖を感じているようです。当たり前ですよね。

親の言うことは絶対、だそうですから子どもの気持ちなんて聞こうともしません。

お互いの国の良さを伝え合って、視野の広い子になってもらいたいと思っているんですけど、本当に理想の育て方とはかけ離れています。

それでも投げやりにならず、精一杯の愛情をかけて真っ直ぐに大きくなって欲しいと思っています。
パキスタンのことだって、悪いイメージばかり持たないで欲しい。

私のフォローは不可欠で、怠ってはならない使命だと思います。

> ご主人がそんななら、尚のこと、パキスタンに行っちゃダメだし、子供も手放したらダメですよね。

はい、何があっても子どもたちは手放さないつもりです。
日本人なんて、手を上げてちょっと脅かしたら言うことを聞く、と甘く見ないで欲しいです。
2009/01/21(水) 10:50:19 | URL | @越ヌールさま@ #- [Edit
No title
こんにちは

>日本人なんて、手を上げてちょっと脅かしたら言うことを聞く、と甘く見ないで欲しいです。

ホントにそう
「やれるもんならやってみろ
もっとやりたきゃやってみろ
でも絶対に忘れないからな」
です

ヒーヒー、メソメソ、泣くもんかっ

土の中の蝉はお前が思うほど弱くないし生命力抜群なんだから

オカンは強しです★応援しております
2009/01/21(水) 15:48:11 | URL | まはれぃしゅ #NqNw5XB. [Edit
@まはれぃしゅさま@
こんにちは
激励ありがとうございますe-271

>「やれるもんならやってみろ
>もっとやりたきゃやってみろ」

実際に殴られた時にはこう言っているのですが、言葉通り、もっとやられます(笑)
この反抗ぶりが、たまらなく憎たらしいようです。
これからは、もう少し賢く戦おうと思っています。

>土の中の蝉はお前が思うほど弱くないし生命力抜群なんだから
>オカンは強しです★応援しております

そうですよねe-2
お前が思うほどって・・・ダンナのぎょろ目を思い出して笑っちゃいますe-455
でも笑うって良いことですよね。
できることなら、いっぱい笑って、笑い飛ばしていきたいですe-2
2009/01/21(水) 16:42:49 | URL | りむしゃ #- [Edit
No title
>この反抗ぶりが、たまらなく憎たらしいようです。

は~~、わかります
次またやられたときは痣や傷等を写真とって
「○月○日 夫に殴られる」
みたいな感じでメモっておいてくださいませ

期が熟した時の為にどんどん証拠を増やして
殴られ損のないようにしてくださいませ~~

「タダじゃー殴られない」の精神です ぷぷぷ★


そーなんですよ、辛ければ辛いほど笑いませう
「まだまだ~~なんのこれしき~~!」

わたし思うんですけど、りむしゃさんのブログ拝見してて
りむしゃさんにはマグマのような強さを内包されてる方だと感じるのです

わたしもマグマパワーでキープスマイル、いつも心に太陽を
の精神で、やってまいります

いい文章拝見させてもらいました~

2009/01/22(木) 09:57:26 | URL | まはれぃしゅ #NqNw5XB. [Edit
No title
はじめまして。

パキスタンあたりは音楽教育とか美術教育って義務教育でもほとんどありません。

だからパキスタン人は子供の作品でも破壊する。芸術振興って考えがそもそも薄く子供の情緒教育に必要という知識が低い。

そろそろイスラム教徒独特の敬虔ぶりっ子にだまされる時期は終わってるようですので、もっと自分を強くしてください。

日本の大学及び資格試験や就職で
パキスタンの学歴では通用しません。子供の将来をどうお考えですか?

まして日本の大学を卒業しても内定取り消しがある御時世。

パキスタン人がどう言おうが業界が相手にしない。

よくよく慎重に考えないと宗教教育だけでは先進国は無理ってわからないのでしょう。

厳しく言えば貴方様は結婚前にもっとリスクを知っておくべきでした。

無礼ですが自業自得と私には受けとれました。


2009/01/24(土) 00:32:38 | URL | 旅人 #SGggkVY. [Edit
@旅人さま@
はじめまして。

> 日本の大学及び資格試験や就職で パキスタンの学歴では通用しません。子供の将来をどうお考えですか?
> よくよく慎重に考えないと宗教教育だけでは先進国は無理ってわからないのでしょう。

おっしゃる通りですが、子どもの将来は日本での生活だけのために日本で通用する教育をしようとは現時点では考えていません。
子どもが自分の頭で考えて行動できる、困難にぶつかっても解決する方法を見つけ出すことができる、といった生きていく術を 身につけてくれたら道はいくらでも開けると思っています。

> 厳しく言えば貴方様は結婚前にもっとリスクを知っておくべきでした。
>
> 無礼ですが自業自得と私には受けとれました。

自業自得もそうですし、その自業自得に巻き込まれている子どもたちにも申し訳ないと思っています。
だからこそ精一杯の愛情を注いで、結果的には私のもとに生まれて来て良かった、と感じてもらえるように奮闘しているわけです。
確かに結婚前にリスクを知っておくべきでした。
私は知らなすぎました。
けれど誰の人生だって、いつも自分の思う通りには行きませんよね。
多少なりともこんなハズじゃなかった、って思うことがあると思います。
私の場合はその多少が大きすぎましたが。
私は、そして私のブログに共感していただいている方々は、すでにその”リスク”の、こちら側にいるのです。
ですから今ここで、あなたは○○するべきだった、というのは無意味な気がします。
私を含め、みなさん、それぞれのやり方でそのリスクに立ち向かっているのですから。
2009/01/24(土) 02:19:34 | URL | りむしゃ #- [Edit
繋いだ手を・・・
りむしゃさん、初めまして!パキスタンからお便りさせて頂いています!

いつもこのブログを読ませて頂き、りむしゃ様の強さに心打たれておりました。御長男のパキスタン行きをめぐってのりむしゃさん母子達(下のお子さん達も含めて)の御気持ちを思うと、居ても立ってもいられなくて、ひと言コメントを寄せさせて頂きます・・・。

息子さんを親元から引き離してパキスタンへ送るというのは、いかなる理由があろうとも、パキスタン人達が聞いても驚く行為ですよね・・・。旦那様の周辺の方は賛同しておられるのかもしれませんが、パキスタン全体で見れば極々少数意見かと思われます。

でもそんなことはりむしゃ様御本人が一番良くご存知のはずで、旦那様も話し合って解決の糸口が見えるような雰囲気ではないのですよね、きっと・・・。

私も幼い子供の居る身ですから、りむしゃ様がどんな思いで日々過ごしておられるか、想像するだけでも涙がこぼれます・・・。

今のパキスタンは政情不安もあって、思わぬところでテロに巻き込まれる危険性も否定できない状況です。以前りむしゃ様が暮らしておられた頃よりも確実に治安が悪化しています。

ですから、可愛い息子さんを絶対に一人でパキスタンに住まわせるようなことは避けて下さいね!

もしもの治安悪化で日本人が緊急退避・・・などということになってもお母さんが一緒じゃないと、退避情報も得られないですし、身動きが取れなくなってしまいます。印パの戦争などが勃発したら助けに来ようにも外国からのフライトがサスペンドになってしまって陸の孤島になってしまいます。

もちろん色々な御事情がおありになられることとお察しします。それでも命よりも大切なお子さん達・・・絶対に繋いだ手を離さないで下さいね!!!心の底から応援しています!!!
2009/01/26(月) 01:15:21 | URL | iceblue #/UUEqdjQ [Edit
@iceblue さま@
はじめまして、コメントありがとうございます。

> もちろん色々な御事情がおありになられることとお察しします。それでも命よりも大切なお子さん達・・・絶対に繋いだ手を離さないで下さいね!!!心の底から応援しています!!!

力強い励ましのお言葉、本当にありがとうございます!
子どもたちの手は、絶対に離しませんv-91
この砦だけは守らないと、踏ん張れない自分になりそうですから。

iceblueさんも、小さいお子さんがいらっしゃるのですね。
そちらの気候はどんな感じですか?
皆さん元気に毎日過ごされていますか?

また時々のぞきに来てくださいね。

2009/01/28(水) 15:30:12 | URL | りむしゃ #- [Edit
うんうん・・・
皆が皆そういうわけぢゃない、って分かっているけど・・・

娘が幼稚園年長さん時代にパキスタンに行った時のこと。
娘と同年代のいとこがぬりえをしていまして。
娘はフツーにぬりえをしていたのですが、あるパ人女性の声が。

「何て下手なの!?お前は学校でドローイング(絵を描くこと)を習わなかったの?○○(いとこ)の絵を見なさい。ドローイングはこうやるのよ」と。

いとこは色鉛筆でぬりえの黒線(枠)を濃くなぞった後枠からはみださないように薄くその中を埋めていました。これが「上手なドローイング」。

確かにこういう塗り方がきれいだけど、ぬりえを楽しんでいる幼稚園生に「何て下手なの?学校で習わなかったの?」と言ったことに対して、娘以上に嫌な気分になりました。

そんな娘は日本で小6の終わりまで過ごし、小6の終わりから1年間パキスタンにいました。その時のパキスタンでの美術の成績はA+。
・・・ってその話を在日パ人のある人に言ったら、「それだけパキスタンの先生の教え方が素晴らしかった、っていうことよ」って。
思わず娘と一緒に「違ぁ~~~うぅ~~~っ!!!」って瞬時にその人に突っ込みました。
日本での図工の成績は悪くないけどずばぬけでもない。それにパキスタンで他の教科がぼろぼろなのに体育と美術の成績がずば抜けて良かった、というのは、日本での「蓄積」があってのこと。ちなみに娘、日本で体育の成績は万年「3」でしたが、パキスタンでは転入数ヵ月後の校内スポーツ大会で選手に抜擢されていました。つまり「そういうこと」なんです。

個人的意見ですが、私は日本の図工・美術の教え方は間違っていないと思います。上手い下手はあっても「こうじゃなかったら間違い」なんていう強制がなく、自由なところが素晴らしいと思います。

「お前なんかパキスタンに送ってやる!」
・・・言ってはいけない言葉ですよね・・・
「言うこと聞かないとパキスタンに・・・」とか。
まさに「言うこと聞かないと反省室(独房)に閉じ込めてやるからね!!!」のノリですよね。

ウチは「小学校卒業したら」という約束をしていたので、下の子が卒業するまでの約2年間は我慢してもらおう、と上の子(娘)を1人でパキスタンの義姉の元に送りましたが・・・義姉やいとこ達と喧嘩しながらも凄く仲良くなって1年後に帰ってきたのですが(5年計画だったのですが断念)、やはり「周りの人間から最後まで守ってくれる」はずの親(私)がいなかったことは、やはりキツかったようです。今思うと申し訳ない限りです。
2009/02/19(木) 11:46:01 | URL | けしぇんぬま #CYf34ujU [Edit
成長する「心」と「技術」
戻ってきちゃいました。

・・・ウチの下の子(息子)、幼稚園の多分年長さんになるまで「人間」が描けず「宇宙人」でした。頭から直接手足が出ていました。いや、手がなかったかも。それが年長さんになった時、頭でっかちながらも「胴体」から手足が出ている「人間」を描くことができるようになりました(といっても胴体が頭の半分しかない)。でも、その「宇宙人」も「初めての人間」も、どうしても捨てられなくて未だにとってあります。かれこれ8年?

その息子、小4の時の絵が選ばれて、姉妹都市の某美術展に送られて賞をもらいました。ロータリークラブが主催していたらしく、賞金(?)の高額図書カードももらってほくほく。

でも、戻って来た絵を見ると、(前メールからの続きとして読んでください)特にデッサンがずば抜けて素晴らしい、というわけではないし、色づかいも際立って素晴らしい、という訳ではない。でも選んだ先生の心を捉えた「何か」があったのでしょうね。

親バカですが(え?バカ親?)、上の子(娘)が4,5年前に何気なく描いた「注意書き」を捨てられずに未だにとってあります。内容の詳細は長くなるので書きませんが・・・とても味のある文字とイラストで、もうその注意書きが必要ないのに捨てられません。
娘が、「学校で書かされた」母の日の作文、というかメッセージも、未だにとってあります。やっぱり捨てられない・・・

パ人に「日本人は感傷的になるからだめなんだ」って笑われてもいい。
だからこそ日本人は繊細な心でいられるんだと思います。

他人様のブログでぐだぐだ長文を書いてしまい、済みません。
2009/02/19(木) 12:08:58 | URL | けしぇんぬま #CYf34ujU [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/19(木) 12:43:42 | | - # [Edit
@けしぇんぬまさま@
>個人的意見ですが、私は日本の図工・美術の教え方は間違っていないと思います。上手い下手はあっても「こうじゃなかったら間違い」なんていう強制がなく、自由なところが素晴らしいと思います。

私も同感です。
少し前に旅人さんという方が 、”だからパキスタン人は子供の作品でも破壊する。芸術振興って考えがそもそも薄く子供の情緒教育に必要という知識が低い”とおっしゃっていました。
そういう事情は分かっているのですが、それでも可愛い子どもが描いた絵ですよ?
そこらへんが理解できないんですよね~。

> 義姉やいとこ達と喧嘩しながらも凄く仲良くなって1年後に帰ってきたのですが(5年計画だったのですが断念)、やはり「周りの人間から最後まで守ってくれる」はずの親(私)がいなかったことは、やはりキツかったようです。今思うと申し訳ない限りです。

そうですよね。
頑なにイヤだ、と言っているのではなく時機を見て欲しいんですけどね。
あっちの近所の子どもたちとも楽しく遊べるのも知っているし、絶対行かせないつもりはないですが、ひとりでというのが納得できないです。
前にもこの議論はありましたが、ここ日本で自分たちができる限りの努力をしようともせず。
2009/02/21(土) 17:22:13 | URL | りむしゃ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。