スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな一緒がしあわせ

2008.10.25 *Sat
今日は、子どもたちと朝からりんご入りパウンドケーキ、午後からはレモンたっぷりのパウンドケーキを作って、ゆっくり過ごしました。
お兄ちゃん2人は、まぜまぜしたくて泡だて器の取り合いになりそうなことが何度も
お座りが安定してきた3男は、離れたところからその様子を見ています。

「おいし~」と目を大きく大きくして言う長男。
「おかあさん(おばあちゃんのこと)にもあげよ。はんぶんでいいかな」
「まま、おいしいの つくってくれてありがと
と言ってくれる次男。

こんな時は、すごくすごく幸せです。

その時期がいよいよ近づいて来たので、このごろ頻繁にダンナの口から出る”長男のパキスタン送り”。
保育園の先生たちも、「ほんとに行くの?」心配してくださっています。
今日子どもたちと一緒に過ごしていて、この、全く納得できない長男のパキスタン行きのことに思いがいきました。
普段は考えないようにしているのだけれど。

そして、いつもは思い出さないようにしている、あの時のことを思い出していました。
長男を手放した、あの頃のことです。
パキスタン出発前夜の、長男とお風呂に入ったときの気持ち。
すごく大切にお風呂の時間を過ごしたので、当時住んでいたアパートのお風呂場の様子、まだ1歳前だった長男を見る私の視界、きのうのことのように思い出しました。
お別れが分かっていたから、最後のおっぱいをあげたかったけれど、空港では落ちつかなくて結局あげずに別れてしまったこと。

・・・思い出せば思い出すほど悲しくなって、涙が出そうになりました。
もうあんな思いは嫌だ、と改めて感じたのでした。

でもどうやって阻止したらいいのか、分からないでいます。
ムスリムとして立派に育てたいのであれば、少し遠いモスクの子どもクラスへ通わせたらどう?
子どもの教育を自分の両親に任せたいのであれば、もう少し仕事を頑張ってみんなで移住しよう。
何故子どもたちと一緒にいたらいけないのか、ダンナの真意が読めないでいます。
どうやら経済的な理由が一番のようだけれど、それっておかしくないですか?
妻子を食べさせられないから物価の安いパキスタンに家族をバラバラにしてしまうなんて、本末転倒じゃないですか?
それじゃあ仮に経済的な問題がクリアできても、大変なときを共有していないので、家族としての結束にぽっかり穴が空いてしまうように思うのですが。

以前の失敗を知っているから、納得できないことはしたくありません。
ダンナは違うのかも知れないけれど、少なくとも私は子どもたちがいてくれるから頑張れるんです。

航空券を用意するほどの具体的な事態になっていないので、今はまだ沈黙を続けています。
ダンナが本当に動き出したら、どうしたらいいのかな。
話し合いはできないだろうけど、まずは試みてみよう。
それがダメならまた、仕事もおちおち行っていられない状況が待っているのです。

どんなに大変でも、子どもたちみんなと一緒にいられるのが一番の幸せだと思うけれど。
子どもたちに助けられることだって、山ほどあるのに。
スポンサーサイト

COMMENT

なんで!
つらすぎますね。そんな状況にいながら、りっぱに子育てしている貴女には、頭が下がります。今まで拝見していたばかりでしたが、メールどこへ送ればいいでしょうか。教えてくだられば幸いです。
2008/10/27(月) 01:37:26 | URL | naseru #- [Edit
・・・複雑
娘を小6の3学期から1年間「パに送った」我が家は何とも言えませんし、娘がその1年後帰国してからは「殆ど何も教えていない」(渡航前は娘と息子に私が教えていた)状況を考えると、更に何も言えないのですが・・・

それでも言える事は2つ。

「こうすれば『どんな子でも絶対』こうなる」という王道は決してない」

「日本がダメ(適応できない)なコもいればパがダメなコもいるから『パに行けば、そのうち慣れて大丈夫』はある意味妄想」

確かに経済的に、という理由もあるかもしれないけど、いろいろ考えると大して出費は変わらないかも(互いの面会で、1人うん十万の往復航空券+お土産代+αもあるし)。

イスラームを教える、としても、しっかり知識を持った家族に囲まれていないと、ヘンな通説を教え込まれる可能性も。

パを否定するわけではありません。
ただ、盲目的に「パがいい」と、パパが押し切ろうとするなら、それはやはりダメもとでも夫婦で話し合うべきだと思います。

もし「その方向」に話が行きだしたら頑張ってください!!!!

え?うち?
・・・娘を送っていろいろマイナスはありましたが、良かったと思います、「ウチの娘」の場合は。
2008/10/28(火) 11:31:16 | URL | けしぇんぬま #CYf34ujU [Edit
りむしゃさんが、どういう状況かも苦しさも流した涙の意味もわかっているつもりだからこそ、”行かせないで!”という言葉はあえて飲み込んできました。
あなたを余計に苦しませてしまうかもしれないからです。
それは、私なりの頭でっかちの配慮でしたが、
それでも、言います。

お子さんを手放さないで。
あなたが苦しむ理由はない。


越ヌールさんのブログに紹介されている詩を読んで下さい。
私たちが苦しむべき理由なんてないはずです。
http://koshinoor.exblog.jp/


お子さんは人質として利用されます。
あちらのご家族はあなたの息子さんを手元に置くことで、仕送りの保証をもらうのです。
ご主人の収入が減ってしまって仕送り額が少なくなれば、あなたはあなたの子供を想い、不足分はあなたが負担することにもなるでしょう。
でも、その仕送りがすべてお子さんのために使われることはないでしょう。義家族には当然のことですが、その親族のためにも使われることになるでしょう。

悩んでいるあなた、苦しんでいるあなたが、悪いのではなくて、
あなたを苦しめている人が悪いのです。
2008/10/28(火) 12:58:45 | URL | aysya #BompgaWw [Edit
正直な気持ちで
aysyaさんの書かれている詩(転載でした)は、事情があって削除させていただきました。

でも私の心にも強く残ったその言葉は、ちょうどりむしゃさんのブログと重なって、やっぱりコメントを残せないでいた私にある種の勇気がもたらされました。

若い時って頑張れちゃうんですよ。

イスラームを隠れ蓑にしたパワ・ハラみたいなものがあって、真摯な気持ちでイスラームと向かい合いたいと思う女性たちに、それはうまく作用して、相手の思う壺になるかもしれません。

けしぇんぬまさんが書かれているように、行けばそれはよい経験となると思います。
パキスタンにはパキスタンのよいところもあります。
でもそれを得るために(・・・と自分に言い聞かせて)、当然持っていていいはずのものを手放す必要もないと思うのです。

りむしゃさんの心が感じていることは正しいと思いますよ。
2008/10/28(火) 16:15:08 | URL | 越ヌール #- [Edit
心に正直に、、、
いつも、拝見させていただいております。
私もパ人と結婚している一人です。子供もおります。
今日だけは書かせてください。どうしても一言言いたくなってしまいました。
 両親ともにパ人で、日本で暮らしている人々は子供だけパキスタンに送るということに対して余り積極的出ないように思います。一方で、外国人の妻の夫たちは、始終『パキスタン送り』の話をしています。何を証明したいのでしょう?外国人の妻でも『立派なムスリムを育てられる』証明をしたいのでしょうか?面子?【そうとしか思えない。。。】
 私の友達の子供【両親パ人、本人パ人】は、外見パキスタン人ですが、日本で20数年以上そだってしまったので、バリバリ日本人です。大学はパキスタンに『留学』しました。立派なムスリムだけど。。。。今は、日本の県庁に勤めている臨時公務員です。【笑】
 子供を1年くらいパキスタンに送ったくらいで『立派なムスリム』になるのでしょうか?疑問。【無駄とは言いませんが】
 『遠い昔、パキスタンを出てしまった人』【夫たちのこと】にパキスタンの今の何がわかるのでしょうか?実際、彼らのイメージするパキスタンと今のパキスタンはぜんぜん違うという話も聞いています。パキスタンへ送ると『立派』になるというのは、単なる妄想か幻想に過ぎないと思うのですが。それよりも、心引き裂かれるくらい悩んでいる妻たちの気持を推し量れない夫の無神経さに腹が立ちます。
2008/11/06(木) 23:03:00 | URL | ごきげんよう #- [Edit
@ naseruさま@
コメントありがとうございます。
立派に、なんて言われると困るのですが・・・。

ただ私としては、旦那が何と言おうと自分は自分の信じるやり方で子どもたちを育てたいのです。

なかなか更新できませんが、見守っていてくださる方がいらっしゃると思うと心強いです。
2008/11/08(土) 22:40:00 | URL | りむしゃ #- [Edit
@けしぇんぬまさま@
お返事遅くなってしまい、すみません。

「こうすれば『どんな子でも絶対』こうなる」という王道は決してない」

本当にそうですよね。
だから子育てって難しいんですもんね。
実際お互いパキスタン育ちのダンナとその弟だって、性格は正反対。
ダンナの考えでは息子を”女に尻に敷かれるようなへなちょこ”に育てたくない、ケンカをしてナンボ、の男らしい(?)男にしたい、というのがパキスタンに連れて行く理由のひとつでもあるようなのですが、 ダンナの弟はまさに、ダンナの言うへなちょこなのです。

また両親を大事にする子になって欲しい(コレも日本に居たらできないと思っている)と言うのですが、私はダンナやその弟が本当に両親のことを想っているのなら、もっと建設的なやり方でお金を稼ぎ、もっともっとマジメに働くべき、と思うのです。

<パを否定するわけではありません。
ただ、盲目的に「パがいい」と、パパが押し切ろうとするなら、それはやはりダメもとでも夫婦で話し合うべきだと思います。

私も否定するつもりは全く無いですし、あちらで学ぶことだって山ほどあることは分かっているのですが、その時期については家族の状況を考えて、もっとよく考えるべきだし、母親の私の意見だって聞いてくれないといけないと思うのです。
何につけ高圧的で、暴力で全てを抑えつけようと考えている、その態度に賛成できないと言うのです。
2008/11/08(土) 22:58:01 | URL | りむしゃ #- [Edit
@aysyaさま@
お返事おそくなり、すみません。

子供は人質に・・・そうですね。
前回私たちがあちらに行ったのは、日本での経済的負担を軽くするため、のハズだったのですが、旦那からの仕送り額は、全く変わりませんでした。
あれ?私たちがいなくなって浮いた分は?と思わなかったわけではありませんが、そのころまだ旦那を信じる気持ちがあった私は、寂しい思いで頑張っている旦那のことを悪く思うことができませんでした。

<悩んでいるあなた、苦しんでいるあなたが、悪いのではなくて、 あなたを苦しめている人が悪いのです

本当に、あの詩の通りですね。
こんなにも人を苦しめることがまかり通っている社会って、ただただおかしいと思います。

私に手を上げる旦那、そしてその様子を見ていた子どもたちに「女の子には、優しくできないとダメだよ」と言う私、矛盾していますよね。
こんな環境に、子どもたちを置いていていいのかと本当に不安になります。
2008/11/08(土) 23:10:32 | URL | りむしゃ #- [Edit
@越ヌールさま@
お返事、やっと書くことができました。

>当然持っていていいはずのものを手放す必要もないと思うのです。

りむしゃさんの心が感じていることは正しいと思いますよ。

このように言っていただいて、本当にほっとしました。
私はパキスタンに行くことが嫌なわけでは決してないのです。

けしぇんぬまさんもおっしゃっていましたが、パキスタンが一番(と本人が実際に言っています)と盲目的に思っている、そして有無を言わせずそれを押し付けようとする旦那の態度、もっと言えば日本人は皆バカだ、最低な国、と言い続ける旦那が嫌なのです。
私は冗談ではパキスタンのことを馬鹿にしたことはありますが、本気で馬鹿にしたことはありません。
そんな気持ちがなかったから、差別や偏見なんて大嫌いだったから、わざわざパキスタン人と結婚したのです。

日本の良さも、文化も、何も知ろうとしない旦那が嫌なのです。
2008/11/08(土) 23:21:18 | URL | りむしゃ #- [Edit
@ごきげんようさま@
はじめまして、コメントありがとうございます。

>パキスタンへ送ると『立派』になるというのは、単なる妄想か幻想に過ぎないと思うのですが。それよりも、心引き裂かれるくらい悩んでいる妻たちの気持を推し量れない夫の無神経さに腹が立ちます。

本当にそうですね。
お宅ではパキスタン行きの話は出ませんか?

彼らは、ただただ面子のためだけにそうしたいのだと私も感じています。
”パキスタンで立派なムスリマとして立派に子育てする妻を持つ”立派な自分、ですか?

自分にかかった装飾文を取ってしまえば、”ただの夫”なのですが。

私がパキスタンにいる時にアラビア語を習っていた先生(女性)は、私たちが日本に帰国する際、「子どもたちは絶対に近くに置いておかないと駄目だよ」と言いました。
旦那はじめ、あちらの男たちが言うことが、全てではないし正しいとは限らない。むしろ私の感じていることが正しい、と思う後ろ盾になった、忘れられない言葉です。
2008/11/08(土) 23:33:23 | URL | りむしゃ #- [Edit
こんにちは
ちょくちょく見ています。継続して更新凄いですね。私も頑張ります。もう寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。またよらせて頂きます。
2008/11/12(水) 17:42:32 | URL | アキオ #- [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/19(水) 15:15:16 | | - # [Edit
ごめんなさい!
すみません。。。まちがえて非公開コメントになっちゃいました。汗。

公開しても大丈夫です・・・・
2008/11/19(水) 15:16:47 | URL | IRAM #mQop/nM. [Edit
わかってほしい!
初めてコメントさせていただきます。

私も、パキスタン人の夫がいます。
子供もおりまして、よく教育やら将来のことを話します。
周りを見渡せば、特に女の子ですが、
子供だけ、または、日本人母と子供でパキスタンに移住という
ケースが意外にも多いです。
もちろん、夫婦で出した結論なんでしょうから、
それを良し悪し言うつもりはありませんが・・・
私は、りむしゃさんが書かれていた
「どんなに大変でも、子どもたちみんなと一緒にいられるのが
一番の幸せだと思うけれど。」という気持ちと同じです。

我が家の場合、旦那さんはパキスタンの家族が大好きで、
ほぼ毎日、電話で話しているくらいですが・・・
私と子供だけ、または、子供だけのパキスタン移住は反対です。
それは、教育云々の前に家族のつながり(一緒に生活する
こと)を優先しているからです。りむしゃさんの
旦那さまにもそれをわかっていただきたいな~と思いました。
うまくかけませんが・・・りむしゃさんの気持ちが、
なんとか、旦那さまにも通じてほしい!!と思ったのです。

母は強し!

これからお仕事を始められるようですから、子育て、
家事と大変でしょうが、応援しています!!!

2008/11/20(木) 11:57:07 | URL | うよ #- [Edit
どうして
はじめまして、同じイスラム圏の夫と3人の子供がいます、さらといいます。
私はムスリムではありませんし、子供も宗教的教育は一切していません。ちなみに日本でも夫の国でもない第3国で生活しています。
パキスタンの男性と結婚された方はどうしていつも同じようなことで悩んでいるのかちょっと疑問に思うとともに、とても悲しく思います。

宗教にがんじがらめにされている人たち、子供と離れ離れになって何が家族でしょう。宗教より一緒に暮らすことが先ではないのですか?

パキスタンで暮らしていいことなんて少ないと思います。
少なくとも子供の可能性をとっても狭めていると思います。
2008/11/20(木) 20:20:26 | URL | さら #- [Edit
お久しぶりです
投稿者のIRAMさんが、コメント公開しても良いということでしたので、公開させていただきますね。
りむしゃ
↓以下IRAMさんのコメントです

お久しぶりです

りむしゃさん、お久しぶりです。
ブログ、久しぶりに訪れて、お子さんのパキスタン行きの件で悩まれてる様子、知りませんでした。状況が飲み込めていないので、私が勘違いしている部分もあるかもですが・・・

子供がパキスタンに行っていいか悪いかは、やはり、状況にもよると思うけれど、私は、
子供が小さいうちは、家族は絶対一緒!が、イスラームの基礎だと思います。

お仕事でどうしてもばらばらになるとか、特別に理由があってというご家族は別ですが。
単に、イスラームの勉強のため、というのであれば、私は絶対!お子さんを手放して欲しくないです。(強調しますが、小さいうちは!です)

長男君を手放した時のお風呂の様子、うちの子と重なってしまって、涙しました。
子供と離れ離れになるのは本当に辛いです。
どうか、手放さずにいてあげられる方法を考えてください!!

>私がパキスタンにいる時にアラビア語を習っていた先生(女性)は、私たちが日本に帰国する際、「子どもたちは絶対に近くに置いておかないと駄目だよ」と言いました。

これは、私もパキスタンにいたときに、散々、いろいろな人から言われました。パキスタン人に言われるなんて!と思いましたよ!!

うちの子にとって、パキスタン滞在がプラスに働いているかどうか分かりませんが(パの家族を知ったことは良かったと思う)、私はとても淋しかったです。もう、二度と戻らない幼児期を母親の私が見れなかったなんて・・・

今やっと家族3人で暮らせて、「家族一緒がしあわせ」を実感しています。
2008/12/17(水) 14:18:15 | URL | りむしゃ #- [Edit
@アキオさま@
はじめまして。
更新できないまま、あっという間に1ヶ月以上が過ぎてしまいましたが・・・。
またいつでもいらしてくださいi-185
2008/12/17(水) 14:42:44 | URL | りむしゃ #- [Edit
@IRAMさま@
こちらこそ、お久しぶりです。
そちもお元気ですか?

> ブログ、久しぶりに訪れて、お子さんのパキスタン行きの件で悩まれてる様子、知りませんでした。状況が飲み込めていないので、私が勘違いしている部分もあるかもですが・・・

そうなんですよ。
経済力がついていかないので、今すぐという訳ではないんですが。

> 子供と離れ離れになるのは本当に辛いです。
> どうか、手放さずにいてあげられる方法を考えてください!!

ありがとうございます。
もちろん、手放さないで一緒にいられるように、何とか考えますv-237

> 今やっと家族3人で暮らせて、「家族一緒がしあわせ」を実感しています。
本当に、良かったです。
あまりお体が丈夫でないIRAMさんのこと、心配していました。
息子さんに会いにパキスタンへ行かれるのも大変だったでしょう?
言われなくてもそうされているでしょうけれど、一緒にいられる今、息子さんにたっぷり愛情注いであげてくださいねi-237
2008/12/17(水) 14:54:05 | URL | りむしゃ #- [Edit
@うよさま@
うよさま、はじめまして。

> 私と子供だけ、または、子供だけのパキスタン移住は反対です。
> それは、教育云々の前に家族のつながり(一緒に生活する
> こと)を優先しているからです。りむしゃさんの
> 旦那さまにもそれをわかっていただきたいな~と思いました。

うよさんの旦那さまは、お話ができる方で良いですね。
私も、『家族のつながりを優先』することは一番守られなくてはいけない大切なことだと思います。
しかし残念ながら、それを私のダンナに分かってもらうことはかなり難しいことなのです。

本当は、『どうやってこの日本から子どもたちを脱出させて、パキスタンで立派なムスリムになるための教育を受けさせるか』
ではなく
『どうやってこの日本に居ながら、立派なムスリムになれるように教育できるか』
を考えるべきだと思うのですが、ダンナの頭の中には日本にいてはそれは不可能だ、という考えしかないのです。

応援ありがとうございます、何とか頑張っていきます。
2008/12/17(水) 15:13:43 | URL | りむしゃ #- [Edit
@さらさま@
さらさま、はじめまして。

> パキスタンの男性と結婚された方はどうしていつも同じようなことで悩んでいるのかちょっと疑問に思うとともに、とても悲しく思います。

そうですね。
理由としては、一言で言い表せないので抽象的になってしまいますが・・・彼らパキスタンの男性(さらさんのおっしゃる、同じようなことで悩んでいる日本人女性の旦那に限ります) が、奥さんたちの意見や気持ちを聞こうとせず、挙句の果てに強行突破しようとするので、袋小路に追いやられて逃げ場を失っているからではないでしょうか?
少なくとも私はそうです。
相手と話し合いができたら、皆一様に同じことで悩むなんてあまり無いと思います。
要は彼らのやり方が、日本人女性を悩まざるを得ないように追い込んでいるのです

> 宗教にがんじがらめにされている人たち、子供と離れ離れになって何が家族でしょう。宗教より一緒に暮らすことが先ではないのですか?

私ももちろんそうだと思います。
父親が外国へ出稼ぎに出て、母子だけでパキスタンに暮らしている家族がたくさんいるパキスタンでは、その辺りの感覚が麻痺しているのでしょうか??
結婚当初は、『彼らは離れていても、神様を通じて心はみんなつながっているから大丈夫なんだ』と思っていました。
でも違いました。
多分、より楽に暮らせるように、流れ流れた結果なのだと今は思います。
どうしたら家族一緒に暮らせるか、そんなことは二の次で。

> パキスタンで暮らしていいことなんて少ないと思います。
> 少なくとも子供の可能性をとっても狭めていると思います。

そうなんですかね。
あそこでも、育て方によっては自分の頭で考えることができる子どもになってくれると思います。
反面教師的な出来事もいっぱいありそうですし。

コメントどうもありがとうございました。
お返事すっごく遅くなってしまってごめんなさい。
2008/12/17(水) 15:40:20 | URL | りむしゃ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。