スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダルバール

2006.07.07 *Fri
今日は七夕。
私たちは朝のお祈りの後、ムルターンから来ている義父の妹とその子どもたちと一緒に、ダータ・ガンジ・バクシュ・ハジュベリ廟に行ってきました。
きのう夫から送られてきたありがたいお金で義母がハルワ(刻んだココナッツやアーモンドの入った甘い食べものです)を作り、60枚のナンも用意しました。
「ダータ・ガンジ・バクシュ」とは「与える人」という意味で、11世紀の聖人が貧しい人びとに常に施しを行っていたことに由来しているといいいます。
今でもその伝統が受け継がれ、貧しい人びとのための救済が施されていて、ダルバールに沿った通りには施しのためのゴハンを作る店がずらりと並んでいます。
義母が決して充分とはいえないお金の中から、人さまに施しをしようとする気持ちはすばらしいなぁと思う一方、夫が時々言っていた「イスラームでは、お金があるのに出し惜しみする人が一番恥ずかしいんだよ」という言葉を思い出し、義母の行動に納得した私なのでした。

私たちが喜捨をするため中に入り、ハルワとナンを抱えてうろうろしていると、1人のあばあさんが声をかけてきました。
「誰かが、私が代わりに貧しい人たちに渡しておくから・・・なんて言っても絶対渡したらダメだよ、あの人たちは自分で食べてしまうんだから」
こういう人たちがいることは、本当に悲しいことです。
そして同時に、彼らは何のためにダルバールに来ているのかと思ってしまうのです。

夫の知り合いの中に、とっても打算的な人がいます。
彼の打算は女の私にとってはかなり受け入れがたい種類のものです。
彼はお金を持っていそうな女性ばかりに結婚を申し込み、ついにイギリスに住む3人の子を持つパキスタン人女性と結婚しました。
彼女との間に1児をもうけたのにも関わらず、結局彼女の収入ではイギリスのビザが下りずに離婚してしまいました。
そしてつい最近別の女性と結婚し、彼女の父親がアメリカにいるとかで、そのつてで間もなくアメリカのビザが下りるだろうということらしいのですが・・・。
彼は一日5回の礼拝を欠かさない人で、多分狙った女性と結婚できますように、とかイギリスのビザが下りますように、とかドゥアー(何か具体的にお願い事があるときにするお祈りです)もしてきたのでしょう。
客観的に見ていい気持ちのするものではありませんが、彼はそれには気づかず、神さまが自分の願いを聞き入れてくださった、と思っているのでしょう。

ダルバールに出没するという親切ぶって食べ物を騙し取るひと、夫の知り合い、こういう人たちを見ていると宗教の意味って何だろう、という疑問が頭をもたげてくるのです。
イスラーム教徒だからもっとできた人間でないとダメだとか、そういうことを言いたいのではないのです。
どこの国のどんな宗教の人であっても、殺人や窃盗、さまざまな悪いことをする人はいます。
けれど神さまを信じているからには、自分の言動が人として恥ずかしくないものなのか、自分のする言動が神さまに対しても胸をはれるようなものなのか、立ち止まって考える余裕をもってほしいと思うのです。

でも、彼らは自分の言動が恥ずかしいものと思わないからやるんですよね・・・。
なんだか分からなくなってきました・・・。
P1010063.jpg

スポンサーサイト

COMMENT

きれいな青空ですね
りむしゃさんの画像は、越ヌールさんが撮影する画像のように、素直でまっすぐ・・・というのか、心のファインダーを通して、撮影されているというのか・・・いつも素敵だなと感じます。・・・左側のおっさん、カメラ見てますね?そして、その横にこちらを見ている女性も・・・。
まだ私も子供達も訪れたことのないパキスタンに思いをはせてしまいます。でも、もの凄い暑さを考えると・・・画像だけに観光をとどめておいた方が良さそうな?v-293

りむしゃさんの旦那様が「イスラームでは、お金を出し惜しみする人が一番恥ずかしいんだよ。」とおっしゃったこと・・・確かにそれでお義母さんのように、自分が持つわずかなお金の中から、喜捨をする・・・という行為は、素晴らしいことだと思います。

ですが、私もりむしゃさんのように、打算的なパキスタン人男性の話を見聞きする度に・・・宗教の意味について、イスラムって何?と考えてしまいます。
私の知る範囲では、1日5回のお祈りを欠かしませんが、お金を出し惜しみするイスラム的には、恥ずかしい行為をする人がいます。しかも、平気で嘘も付きます。違法行為も平気でやります。ビザ目的のヤツもいます。v-412

人間は、誰もが完全ではない・・・と思いますし、また完全になれとも言いません。ですが・・・こう人間としての良心に呵責を覚えたりしないのでしょうか???
お祈りをして、それが叶えられたら「私が毎日、アッラーに欠かさずお祈りをしているからだ。」と思うのでしょうか?

このギャップは、今でも埋まりません・・・。v-292


2006/07/10(月) 20:10:13 | URL | CINDY@こちらは気温31度 #lTv2kJ9I [Edit
施しの意味
お義母さまの行為、とても大事なことですね。
でも天邪鬼な私は、うちの義母を見ていると思うことがあります。
そういうの、好きなんです。
家の者用にお嫁さんが夕飯に炊いたご飯を、おいしく炊けたから・・・と隣近所にごっそり分けて、私たち大家族はそのおいしいご飯にあまりありつけなかったり、いえそれどころかあとから男性陣が帰宅してもその分もなくって。
家の中がちゃんと保てている上での喜捨が基本かと思いますが、気分でそういうことをされると、周りが迷惑を被ります。
喜捨はまず「気持ち」が大切ですよね。
アッラーは「量」より「質」をご覧になるでしょうから。
2006/07/10(月) 20:31:28 | URL | 越ヌール #Alb1VFJU [Edit
@CINDYさま@
写真、ほめていただいて嬉しいです。
朝6時ごろ撮ったんですけど、澄み切ってほんとにキレイな青空でしょ?

打算的なことを考える種類の人にとっては、一日5回の礼拝は朝歯を磨くことと同じように、小さいころからのただの習慣と化しているのかな、と思ったりします。
ほんと?な言動をする人がいっぱいいますよね。

ちょっと私事になりますが・・・例のメルアドにメールしましたが、これも届いていないようですね・・・?
これからもお互いのブログでお会いしましょう。

2006/07/11(火) 02:16:17 | URL | りむしゃ #- [Edit
@越ヌールさま@
そうですね・・・お義母さんの行動はかなりアンバランスな印象を受けます。
家族みんなでおいしく食べて、「こんなにおいしいもの、お隣にもおすそ分けしようか」というのなら分かるのですが・・・。
お義母さんにとったら立派な喜捨なのだから誰にも文句は言えませんしね・・・。

いっそ家族でおいしいね、ってキレイに食べたほうが神さまが喜ばれるのではないかと思います。
お義母さんの行動後の、お嫁さんたちの(男性陣にゴハンを用意する)あわただしさが目に浮かぶようです。 
2006/07/11(火) 03:06:29 | URL | りむしゃ #- [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/11(火) 12:00:53 | | - # [Edit
結局・・・
打算的な男性。

結局彼の礼拝は「そこ止まり」です。
義務は遂行したけど、礼拝の「ご褒美(サワーブ)」は得られない。

だって、礼拝の意図が「願掛け」状態なんですもの。

「私はきちんと礼拝しましたから私のこれこれの願いを叶えて下さい」って。

礼拝は「願掛けの儀式」とは違う。

あぁ、また来ますね。ホントはもっと書きたいけど、部活に行く息子の朝食と弁当の準備そっちのけだったもんで
2008/06/01(日) 06:38:15 | URL | けしぇんぬま #CYf34ujU [Edit
難しい「一理アリ」
私もこのような方々の「施す」ことの素晴らしさに脱帽なのですが・・・廟で会ったおばさんの言葉、ある意味「有り得る」話だと。

正確に言うと、「貧しい人に施しきれないで余ってしまうので、ボランティアスタッフ用の弁当(?)になっていたり、それなりのルートで換金して設備維持にかけていたり」は有り得るのでは?と。あと、この廟で振る舞いきれないのはエーディー(パ最大の救護福祉施設)に送っているのかも。つまり中には「自分で食べちゃう人」もいるんだろうけど、スタッフが「苦肉の策」で「さばいている」可能性も。

無償の善意(スタッフ側)を疑っているわけではなく、「仕方ない」対処法として有り得る、と。で、私はそれだったら仕方ないなぁ、と思います。

人が好意でやっている施しをスタッフが「いや、夏は食べ物系は腐りやすいのでご遠慮下さい」とか、「最近皆さんのサダカが多くてさばききれませんので現金でお願いします」とか心苦しくて言えないんじゃないかと・・・

で、こういう「(悪意からではない)裏行為」を知ったおばさんが「勝手に食べちゃう奴等がいる」と誤認(?)して、「ダメだよ、他人にあげちゃ」と好意から言ったとも考えられる、と。

だって、あの施しの数、ハンパじゃないです。

あと・・・ホントに純粋に「サダカがしたい!」という人も沢山来ているですが、「願掛けの一環」としてサダカをする人もいます。「サダカ受け入れ先」としてのダーター・ガンジュ廟ではなく、「ダーター・ジーにサダカすることでサワーブが得られる」という目的意識を持っている人も。アッラーはそんなこと言っていないのに。
そういうのが残念で・・・

スイマセン、マイナスコメントばっかで。性分なんです。お許し下さい。
2008/06/01(日) 18:08:14 | URL | けしぇんぬま #CYf34ujU [Edit
@けしぇんぬまさま@
はじめまして。

<つまり中には「自分で食べちゃう人」もいるんだろうけど、スタッフが「苦肉の策」で「さばいている」可能性も。

そんなこともあるかも知れないですね。言葉通り受け取ってしまっていて、想像もつきませんでした・・・。
確かに一方的に寄せられる施しが、さばききれているとは思えませんもんね。
もう少し視野を広く持たなきゃ・・・と実感させられるコメント、ありがとうございました。

けしぇんぬまさんはイスラームについてお詳しそうですね。
またいろいろなご意見、お待ちしています。
2008/06/02(月) 09:57:31 | URL | りむしゃ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。