スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャッジャのこと

2006.06.28 *Wed
ラホール旧市街には、チャッジャといわれるものがあちこちで見られる。
インドのことを書いている文章の中に石の板庇と説明があったけれど、実際に何のことをチャッジャというのか私には分からなかった。
義父にも義母にも義弟にも聞いてみたけれど、チャッジャという言葉自体あまり使われていないのか、「あれのことじゃない?」とか「いや、きっとあれのことだよ」とかハッキリしない。
そこで例のMおじさんにお願いして見せてもらうことにした。

百聞は一見にしかず、チャッジャとは道を挟んだ向かい側の建物との間に、歩道橋のような形で作られている建物の一部のことだと分かった。
ということはインドのチャッジャとはずいぶん様子が違うようだ。
イスラーム圏のこのような都市には『ヨーロッパなどでは近代にならないと姿を見せない都市の仕掛けや空間の発想を早い段階から獲得してきた』らしいのだが、このチャッジャもそのひとつではないかと思う。
大きさもさまざまで、中には三叉路をまたぐようになっているものもある。
そしてMおじさん宅へ続くあの“トンネル”こそチャッジャだったのである。

参考文献によると、『門やチャッジャはバザールからの分岐点や,街区内の袋小路の分岐点に設けられている例がほとんどで、街区構成において、境界を形成する建築要素として重要な意味があると考えられる』とある。
また『トンネル状になるその空間が(チャッジャのこと)、機能的には門としての役割を果たしていることがわかる』とも書いてある。
門は分かるのだけれど、果たして本当に、境界を知らせるためにわざわざチャッジャを作ったのだろうか?
そうするとチャッジャができた当時、チャッジャでつながれた建物の住人同士の同意も必要だったに違いない。
けれど境界を示すといった以外にチャッジャを作る理由は見当たらない。
またチャッジャがバザールからの分岐点や袋小路の分岐点に集中している以上、それは偶然であるとは言えず、自然発生だと考えるにしても無理がある。
もしこれから、チャッジャのある建物の中を見せてもらったり、そこに住む人の話を聞いたりする機会に恵まれたなら、またブログにアップすることにしたい。
義父によると、今回見てきたようなものを、チャッジャではなくチャッタと言うのだそうだ。

写真の、緑の看板やすだれがかかっている部分がチャッジャ。
下には旧市街らしい細い路地が通っている。


参考文献:日本建築学会計画系論文集より 『モハッラ、クーチャ、ガリ、カトラの空間構成 ラホール旧市街の都市構成に関する研究その1』

P1010041.jpg

スポンサーサイト

COMMENT

ホントにラホールの街角ですね
未踏の地。パキスタン。
うちの旦那は、ラホールで子供時代を過ごしたそうです。

・・・すだれのようなモノ・・・パキスタンにもあるのですね。
そして、そして・・・もし、地震や大火災があった時は、そのに住む人々はどうなってしまうんだろう?と余計な心配までしてしまうのです・・・。
ああ・・・そして、今にも崩れ落ちそうなトタン・・・ハラハラしてしまいます。それに適当(?)に配線されたらしい電気配線・・・危なっかしいです。

もし、パキスタンを来訪する機会があったら、私なんかはハラハラしながらも、探検心を刺激させられそうです~。
旦那は、そんな私がパキスタンに行ったら、殺されてしまうと言っています。こんな路地に迷い込んだら・・・それこそ私は、アウトって感じもしますが(笑)。

パキスタンは、大変なことも多いと思いますが・・・こうやって日本にいて、りむしゃさんのように移住されておられる方々のブログを拝見すると、簡単にパキスタン観光(?)できて楽しいです。すいません。グータラと日本に住んでいるので、こんなことが書けるのでしょうね・・・。


2006/06/30(金) 08:38:55 | URL | CINDY@口減らず #lTv2kJ9I [Edit
@CINDYさま@
これからもふんだんに写真を入れていきますので気軽にパキスタン観光した気分になってくださいねv-290
大き目の写真を入れたので、バザールに迷い込んだみたいでしょ??
もう見慣れてしまっているので気にも留めていませんでしたが、確かに電気配線ヤバイですよね・・・i-202
建てている途中の建物を見ても、建て方がテキトーで恐ろしいです。
やはり地震の多い日本で生まれ育ったからか、心の奥で「ここで地震がきたら助からない」という意識があるようで、ここラホールにいても時々グラッときたような気がする時があります。
それにしてもご主人、どうしてCINDYさんがパキスタンへ行ったら殺されるなんて言うんでしょうね??
冗談なのでしょうけど、殺されるなんて言葉、どきっとしますよ・・・。
2006/06/30(金) 17:33:50 | URL | りむしゃ #- [Edit
治安が悪いそうです
大きな画像もいいですね~。
ホント、パキスタンの街角に迷い込んでしまったように感じます。v-411

うちの旦那が「パキスタンに行ったら、アンタは殺されるタイプ」と言うのは、私が外出好きだからです。ラホールではありませんが、旦那が言うには、旦那の実家がある地域では、日本帰りのパキスタン人も狙われると言っていました。
私みたいにふらふら~っと外出するような女は、すぐに狙われるということらしいです。v-292

昨年末に旦那が帰省した時に、日本から持っていたお金で拳銃を3丁買ったそうです。あの・・・3丁じゃなくて、私たち妻子にも、3兆くらい渡して欲しかったです~。もちろん、お金です・・・。一生、縁がない数字ですが。v-390
2006/06/30(金) 19:45:22 | URL | CINDY@口減らず #lTv2kJ9I [Edit
@CINDYさま@
そうだったんですねv-405
ご主人の実家のある地域に私が住んでいたら殺されているかも・・・ですね。
CINDYさんのように外出好きな方には、パキスタンはつらいかもしれませんね。
私も外出好きなので、自由にひとりで外を歩けないのは正直キツイです。
2006/06/30(金) 22:17:31 | URL | りむしゃ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。