スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャヌって・・・?

2006.06.16 *Fri
先日義妹に尋ねられて困ったことがある。
「ジャヌって日本語で何て言うの?」
すぐに思いつかなかった。
考えてもふさわしい言葉が出てこなかった。
ジャヌとは、愛しい人を呼ぶ言葉。大切な人を呼ぶ言葉。
こちらには、こうした言葉がたくさんある。

言葉の語彙には、民族のこだわりや、その土地の自然環境・生活に関わる必要性などが大きく影響している、と昔習ったことがある。
訳すのが難しい言葉や、訳すことのできない言葉、つまり日本語にはない言葉もある。
例えば血のつながりを大切にし、男か女かにこだわりを持つ韓国の人たちの言葉には、男性がお姉さんを呼ぶ言葉、女性がお姉さんを呼ぶ言葉が別々にある。
日本語ではどちらも“お姉さん”だ。
さらに韓国語には、親類の呼び名が8親等くらいまできっちりあるらしい。
また日本語ではわざわざ父方のおじ・おば、母方のおじ・おばなどと言わなくてはならないけれど、ウルドゥー語ではそれぞれ別の言葉になっているので簡単だ。

パキスタンの人は、血のつながりはもちろん、とりわけ子どもに対する思い入れが強い民族なのだと思う。
実際に自分の子供でなくても(日本語にするととってもおかしいけれど!)“私の息子”“私の娘”なんて普通に言ったりする。
義母もしょっちゅう言っている。
値下げをしぶるお店の人に対して、相手が30代40代の男の人であろうと「さぁ私の息子、どうするの?○○ルピーでくれるっていうなら買うよ」とか、リキシャのおじさんに向かって「息子、ここ右右!」などと言ったりする。
そして、子供を愛情こめて呼ぶ言葉もたくさんある。
まだまだ私の知らない言葉がたくさんあると思う。
日本語にそうした言葉がない・・・・のはどうしてなんだろう?
近所の子供を自分の子供と同じように叱ったり可愛がったりする時代もあったらしいけれど、根本的に子供は自分たち民族の宝、という意識がうすい民族なのだろうか?
血のつながりがある人に対しても本音とタテマエや遠慮があるくらいだから、他人に無関心という現代の日本の状況は今に始まったことではなく、近代化した現代の社会環境がそれを顕著に見せているということかもしれないな、と思う。
逆に日本語には、色を表す美しい言葉がたくさんある。
深緋(ふかひ)・小豆色(あずきいろ)・萌黄(もえぎ)・浅葱(あさぎ)・紫苑(しおん)京紫(きょうむらさき)・・・。
私はこれらの言葉たちが大好き。
使うことはほとんどないのだけれど・・・。
豊かな日本の四季折々の色彩が影響しているに違いない。

主人が私に”ジャヌ“という時は(めったにないけれど・・・)名前で呼ばれるのよりもずっと愛情を感じるし、主人が子供に”ジャヌ“と言うと何だか嬉しいし妙に安心する。
だからといって、私は人の子を”私の息子””私の子供“なんてまだ呼ぶことができない。

結局、義妹には「ジャヌにあたる言葉は、日本語にはないと思う。」と答えた。
スポンサーサイト
| 未分類 |

COMMENT

私は覚えられない・・・
義家族や親戚との関係を表す名称、パシュトー語でもたくさんありまして、いつも悩まされています。
しかもその村によって、同じ単語でも逆だったり・・・つまりA村では父方のおじを表す単語がB村では母方のおじを指したり・・・とか。
面倒くさいので誰々のお母さん、とかお父さん、などと呼んでしまいます。
一度ノートに全部書き表してみよう・・・っていつも思うんですがいまだ実行せず。
りむしゃさんは色の名称をよくご存知なんですね。文字を追うだけでもは~とため息が出そうなくらい、日本情緒に浸ります。
空から降ってくるものの名称も、日本は種類が豊富ですよね。
雨、みぞれ、しぐれ、雪・・・ぼたん雪とか粉雪とか、雹・・・他には、槍?いえ、これは冗談ですが(笑)。
こちらで見ず知らずの若者が老女に声をかけるとき「(自分の)おばさん」とか声をかけたりするのがやさしく感じるときがありますね。
りむしゃさんがおっしゃる通り、人間関係を大切にする文化なんだと、私も改めて思いました。
2006/06/17(土) 20:10:03 | URL | 越ヌール #Alb1VFJU [Edit
@ほんとですね@
おっしゃる通り、空から降って来るものの名前も日本語にはいっぱいありますね。
パシュトーでは村によって同じ単語が逆に使われているなんて、すっごくややこしいですね。びっくりしました。
ほんと、見ず知らずの人に息子とか子供とか声をかけているのを聞くと、優しく感じますよね。自分にはできないけど、好きです。
ちなみに私も親戚の呼称はまだまだ覚えられていません。
こちらはウルドゥーとパンジャビが混ざっているので、ウルドゥーだと思っていた言葉がパンジャビだったり、よくありますね。
2006/06/18(日) 00:09:23 | URL | りむしゃ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。