スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kalyug

2010.09.26 *Sun
前にも書いたことがあるのですが、インド映画は彼の隣でちらちらつまみ観するだけの私。
でも、たまーに掴みに心を奪われて、出逢ってしまうんですね。
それが今回は「Kalyug」でした。
私はインド通ではありませんので、よく見かけるインドの俳優さんの名前すら覚えていません。
というより、昔から、ファンになるほどのめりこむミュージシャンとかいないタイプです。
だから覚える気が無いとも言いますね・・・。
だけど主人公の彼には惹きつけられました。
ひとことで言って、ホント素敵でした
これから始まる長~い戦いを予感させない幸せそうな2人の出逢いからはじまるこの映画。
まるで私たちのはじまりの頃のようで、あの時感じた直感を信じて何が悪いんだろう、と思ったりしました。
インド映画らしいベタな部分もたくさんあるのですが、社会問題に切りこみつつ今風でスタイリッシュな映像に、新鮮さを感じました。
主人公の彼、インド映画にしては控えめだけれど、やっぱり手が出てしまいます。
でも相手の過去を知って理解しようとするステキな部分もあって、ただ悪党を殺しちゃって懲らしめるだけじゃなく(インド映画にありがち)、心理的に追い詰め根元を絶とうと頑張るところは、やっぱそうじゃなきゃな~って思いました。

悲しいかな、「私が心惹かれる映画=彼にはつまらない映画」なので
私ひとりで最後まで観て、彼といったらツカミの部分で退屈してもう寝てしまっています・・・。
感情の共有、皆無です。あはは・・・。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。