This Archive : 2010年11月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kajraare

2010.11.16 *Tue
Kajraare



ヨルダンの風景が何とも美しく、印象的な映画でした。
そして何より主演の女優さんの美しいこと
「隠すことこそ美しい」とは、まさにこのことじゃないかって思うほど、綺麗でした。


ラホールにあんな綺麗なところあるかしら??と思いましたが、悪くありませんでした。
イスラームの、謎めいていて美しいイメージがそのまま映像にされている感じ。

観終わってもしばらく放心でした。
砂漠のシーンは“GulAhmad”のCMのようでもありました。
ため息が出るほど素敵です

そういえば、「ノルウェイの森」も映画になったんですね。
トラン・アン・ユン監督の作品ということで、久しぶりに観たいなーと思う映画です。
ちびちゃんたちがいるので、観に行けるとは思えませんが・・・気になります。
菊池凛子さんの演技も素敵だろうな~と想像しています。
原作を、分かったようなカオして読んでいたころの自分を思い出します。

スポンサーサイト

巡り巡って・・・

2010.11.05 *Fri
巡り巡って、また、もと居たところに戻ってくる。
少し前に進んだかと感じていたら、また逆戻り。
そんなことばっかり繰り返してる。

今まで生きてきて、経験から学んだことは全く通用しない。
本当に、未知の世界へ踏み込んでしまっている。
何をどうすれば良いのか、どうするのが正しいのか、分からなくなってくる。

彼の暴言は、本当に限界を超えている。
昨夜は、母が大声を上げて悔し泣きしている夢を見た。
原因は、普段から彼が口にしている母への言葉。
朝、その母の顔が瞼に焼きついて、悲しくて目が覚めた。
私のせいだ。
私が彼と結婚したからこんなに悲しませてしまうんだ。

信じたくないけど、やっぱり彼の本音はそこなのかな。
経験者の方から、こんな風に言われたことがある。

優しいときがあっても、結局彼は変わらないと思う。

殴られても許してきた。
こないだ、珍しく話し合うことができて、
彼自身が言った。
「もうケンカはしないだよ」
これは今までと違って、話し合いの上に成し得た、重みのある約束だと感じた。

でも、彼は、その約束をいとも簡単に破ってしまった。
飛び出す暴言は今までと変わらないばかりか、エスカレートして、
ここには書けないほど酷い侮辱的な言葉ばかり。

家族のために残業しているのに、浮気しているに違いない??
母の指図で、私がわざと彼の気に入らないことばかりをしている??
疲れて子どもたちを寝かせるのと一緒に寝てしまう私が憎らしくて蹴り上げる・・・

どうしたらいいんだろう、
どうしたらいいんだろう。

誰か、教えて。

職場では、毎日おなかが痛くなるくらい大笑いしています。
前日に殴られて、あざをつくっている時などは悔しくて悲しくて仕事しながら涙をこらえられない時もあります。


それでも、あなたの侮辱する母に育てられた私は、雑草のような強さを持って、
へこたれずに前を見ます。

この強さを備えてくれた母に、感謝しています。

愛おしい

2010.11.05 *Fri
ただただ、愛おしい。
まだちゃっちゃい子どもたちが、私の周りにまとわり付いてるの。
みんなでお絵描きしているの。
何やら一生懸命おしゃべりしているの。
お迎えに行くと、きゃ~!!て抱きついてくるの。

毎日あわただしく過ぎていくけれど、
いらっとすることもあるけれど、
今しかない子どもたちのカワイイ瞬間を、
愛おしいと思う。

ままの子どもに生まれてくれて、ありがとう。

プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。