This Archive : 2008年10月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな一緒がしあわせ

2008.10.25 *Sat
今日は、子どもたちと朝からりんご入りパウンドケーキ、午後からはレモンたっぷりのパウンドケーキを作って、ゆっくり過ごしました。
お兄ちゃん2人は、まぜまぜしたくて泡だて器の取り合いになりそうなことが何度も
お座りが安定してきた3男は、離れたところからその様子を見ています。

「おいし~」と目を大きく大きくして言う長男。
「おかあさん(おばあちゃんのこと)にもあげよ。はんぶんでいいかな」
「まま、おいしいの つくってくれてありがと
と言ってくれる次男。

こんな時は、すごくすごく幸せです。

その時期がいよいよ近づいて来たので、このごろ頻繁にダンナの口から出る”長男のパキスタン送り”。
保育園の先生たちも、「ほんとに行くの?」心配してくださっています。
今日子どもたちと一緒に過ごしていて、この、全く納得できない長男のパキスタン行きのことに思いがいきました。
普段は考えないようにしているのだけれど。

そして、いつもは思い出さないようにしている、あの時のことを思い出していました。
長男を手放した、あの頃のことです。
パキスタン出発前夜の、長男とお風呂に入ったときの気持ち。
すごく大切にお風呂の時間を過ごしたので、当時住んでいたアパートのお風呂場の様子、まだ1歳前だった長男を見る私の視界、きのうのことのように思い出しました。
お別れが分かっていたから、最後のおっぱいをあげたかったけれど、空港では落ちつかなくて結局あげずに別れてしまったこと。

・・・思い出せば思い出すほど悲しくなって、涙が出そうになりました。
もうあんな思いは嫌だ、と改めて感じたのでした。

でもどうやって阻止したらいいのか、分からないでいます。
ムスリムとして立派に育てたいのであれば、少し遠いモスクの子どもクラスへ通わせたらどう?
子どもの教育を自分の両親に任せたいのであれば、もう少し仕事を頑張ってみんなで移住しよう。
何故子どもたちと一緒にいたらいけないのか、ダンナの真意が読めないでいます。
どうやら経済的な理由が一番のようだけれど、それっておかしくないですか?
妻子を食べさせられないから物価の安いパキスタンに家族をバラバラにしてしまうなんて、本末転倒じゃないですか?
それじゃあ仮に経済的な問題がクリアできても、大変なときを共有していないので、家族としての結束にぽっかり穴が空いてしまうように思うのですが。

以前の失敗を知っているから、納得できないことはしたくありません。
ダンナは違うのかも知れないけれど、少なくとも私は子どもたちがいてくれるから頑張れるんです。

航空券を用意するほどの具体的な事態になっていないので、今はまだ沈黙を続けています。
ダンナが本当に動き出したら、どうしたらいいのかな。
話し合いはできないだろうけど、まずは試みてみよう。
それがダメならまた、仕事もおちおち行っていられない状況が待っているのです。

どんなに大変でも、子どもたちみんなと一緒にいられるのが一番の幸せだと思うけれど。
子どもたちに助けられることだって、山ほどあるのに。
スポンサーサイト

秋の実りがいっぱい??

2008.10.13 *Mon
お天気が良く、ついでもあったので、子どもたちを連れて実家に寄ったら妹の子どもたちも勢ぞろいしていてビックリ
どうやら妹夫婦はそれぞれ子どもをばぁばに預け、買い物に出かけたらしい。
ウチの子どもたちは大はしゃぎ。
早速、みんなで木の枝や細い竹を剣にして、戦いごっこ。
草むらの冒険、山ぶどう取り、どんぐり拾い・・・。
自然の中はおもしろいことだらけのようです。
山ぶどうで手が赤むらさき色に染まっても、ちっとも構わず遊び続けていました。

子どもたちが集めた、秋の実りの数々↓
2008.10.12 あぶ・むーん・ゆうひ・ふうま 001

スタッドレスタイヤの上で、お店屋さんごっこをしています。
次男が「いらっしゃいませ~!」と大きな声を出していました(笑)
2008.10.12 あぶ・むーん・ゆうひ・ふうま 006

どんぐりも、きのこも、いっぱい見つけました
2008.10.12 あぶ・むーん・ゆうひ・ふうま 003><br /><br /><a href=2008.10.12 あぶ・むーん・ゆうひ・ふうま 027

長男は長男どうし、次男は次男どうしで気が合っているようで、何だかおもしろかった。
妹の次男が顔にアザをつくっていたので「どうしたの?」と聞くと
「お兄ちゃんとケンカしてやられた」と言う。
実の弟にはそんな風にしてしまう妹の長男が、ウチの長男にはやたらと優しい。

いとこ同士、仲良く遊んでいる様子を見ていると、ずっとこんな感じで大きくなっていって欲しいなぁ、と思うのでした。
私たち姉妹は、いとこと触れ合うことなく大きくなったので。
物心つく前の、本当に小さいころからお互いを知っているって、何か心強い。


プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。