This Archive : 2008年08月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のお花?

2008.08.29 *Fri
実家近くの駅で見つけたんですが・・・
何ていうお花でしょうか?
お花も実もとっても可愛いのですが、初めて見ました。
どなたかご存知の方、ぜひ教えてください

画像 001

大すきなあまがえるくんも、いました、いました

画像 004
スポンサーサイト

久しぶりに

2008.08.25 *Mon
久しぶりに、お気に入りのケーキ屋さんでケーキを買いました。
妹のおうちで食べました。

紅茶のロールケーキ
DSCF5317_convert_20080825134739.jpg

このケーキを買ったお店は、インテリアも素敵です。
いつも店員さんがケーキを箱に入れてくれている間、お店に置いてあるカワイイものたちを見て待っています。
ちょっと気まぐれな開店をするので、何回か買いに行って閉まっていて、今日やっと買えたのでした。
確かこのケーキを作っているケーキ職人さんは、私と同じくらいの歳の女性だったと思います。
彼女がケーキに入れるフルーツを厳選しているため、ここのケーキのフルーツはどれも本当に美味しいです。クリームと一緒に食べても、酸っぱいと感じたことがありません。
夢を形に出来る、素敵な仕事をしているな、と尊敬します。
今の自分と比べてちょっと落ち込んだり。

美味しかった、ごちそうさまでした。

ちょっと元気に

2008.08.23 *Sat
なかなか就職活動がうまくいかず、ちょっぴり元気をなくしていた。
ほんとにちょっとだけ。
ダンナと結婚してから、辛い時期を乗り越え、もともと明るい性格ではあるけれど、さらに打たれ強くなった。
少々のことでは動じなくなった。

でも、なかなか仕事が決まらないのはやっぱりしんどい。
自分に自信がなくなってくる。
自分の作ってきた経歴には自分が責任を持つしかないんだけど。
そして、子どもたち。
これが予想以上にネックになっているみたい。

さっき母と電話で話をした。
母は、女手ひとつで私たち姉妹3人を育ててくれた。
40歳を目前にしての転職。
私が中学3年生の時のこと。
私がもし私立にしか受からなかったら、パートの給料では行かせてあげられない、と転職を決めたのだそうだ。
母も、かなりの数面接に行き、相当いろんなことを言われたそうだ。
「言わないだけで、ほんとにいろんなこと言われたよ。」
「生活がかかってるんだから、なんとかしなくちゃならないし、しんどかったよ。」

私は本当に何も知らない子どもだった。
母が履歴書を書いているのを見たのだって、1度しか記憶にない。
母がそんな気持ちで就職活動をしていたなんて、その時期さえ記憶にない。
私は母の愛情に守られていたし、無知でいさせてもらえた。
辛い部分を見せない母だったんだな。
私はそこまで根性がない。

母が言った。
「やっぱり男の稼ぎってすごいもんだよ。ありがたいって思わなきゃ」

それから、ハローワークのおばちゃんの言葉。
「おかあさんは、下を向いたらあかん!この世の中、3人も社会に貢献する(かどうかはまだ分からないけど)子ども生んで育ててるなんて表彰もんやで!(大袈裟)日本の国も、もっと考えなあかんわ。あなたね、3人宝育ててるんやから、もっと胸はっていいんやで!!あかんかっても、ふんって気持ちでいたらいいんやから」

子どもたちのこと、宝って言ってくれた。
母の乗り越えてきたことより、まだ恵まれた状況に自分はいる。
こんなママだけど、子どもたちにとったらママはママだ。
それに自分の子どものころのことを思ったら、小さいけど、ずっと物分かりの良い子どもたち。
今日も長男を褒めたら、「だって、おりこうでいなあかんやろ?」だって。

まだまだ頑張れるな。
少し元気が出てきた

カスリメティって・・・

2008.08.21 *Thu
ダンナがハラールフードに買い物に行くというのでカスリメティを頼んだのだけど・・・買ってきてくれた箱を見て思わずカワイイと声を上げてしまいました。

いつも乾燥したかりかりの葉っぱしか見ていないから、こんなにみずみずしい葉っぱを見てちょっぴり感動してしまったのでした。
カスリメティって、フェネグリークの葉っぱって、こんなにかわいかったの

2008_0821サービスエリア0015

いつも買ってくるのはこのパッケージ→2008_0821サービスエリア0016

近所の神社のさるすべり。キレイだったので
2008_0821サービスエリア0022

2008_0821サービスエリア0021


いっぱい遊んだね

2008.08.16 *Sat
予定していた仕事がなくなって、パパが急にお休みになりました
というわけで、みんなで遊園地に行ってきました

SUZUKA CIRCUIT 104この↑ちびっこバイク、お兄ちゃんたちとっても気に入って2回乗りました
ちゃんと写真つきの運転免許証を作ってもらって、大喜び

お目当てだったバイクの後は、あまりの暑さにプールへ直行
SUZUKA CIRCUIT 149
SUZUKA CIRCUIT 165 SUZUKA CIRCUIT 156
次男が、「ままも おみず ぱちゃぱちゃしてみー、おもしろいで」と何回も言いに来てくれました
SUZUKA CIRCUIT 169 henshu
お兄ちゃんたちが遊んでいる間、3男は暑い中、ママと一緒に日陰をさがしてうろうろ・・・。
お顔が真っ赤になってきてかわいそうだったので、最後に一緒に入っちゃいました
でもこの笑顔、満足そう
プールに入ってすぐ長男が、後半に次男がそれぞれいなくなってしまいヒヤヒヤしました
人の多いところは気をつけていても怖い!

その後も、あちこち一生懸命まわりました。
SUZUKA CIRCUIT 208 汽車ポッポにも乗ったし
SUZUKA CIRCUIT 269 はたらく車でお仕事も

帰りは車に乗るなり寝てしまいました
いっぱい遊べてよかったね。
待ち時間が長い乗り物も、がんばって待ちました

なりゆきで

2008.08.16 *Sat
保育園のお布団(カバー)やら山のような洗濯ものを洗って干し、掃除をしたらお昼前になってしまいました。

世間はお盆休みに入ったけれど、平日なので陸運はいつも通りです。
陸運へ行く用事がある、と言ったら母が付いてきてくれることになりました
用事が済み実家に戻ってきてみたら、あらためて眺めの良さに感動
Picture 049
↑この景色に惚れこんで、母はこの場所におうちを建てたのでした

まっすぐ家に帰るつもりをしていたのですが、ちょうどお昼寝の時間と重なってしまい、子どもたちが3人とも車の中で寝てしまっていました

連日「うみ いきたーい!!」と言っていた子どもたち。
いつかちっちゃい魚を取りにいった、あの川まで少しドライブすることにしました。
海には連れて行ってあげられないけど・・・ママひとりだし。
でも、でも、川に着くころ目を覚ました子どもたち、大喜びでした

まずは橋を渡って・・・
Picture 056
水遊びをする予定じゃなかったので、はだかんぼで
近くで遊んでいた子どもたちに、「はだかんぼで あそんだはる~」と言われてしまいました
Picture 068
こんな↑姿、ばばに見られたら、怒られそうです。(特に写真を撮って喜んでいるわたし)

Picture 074
古風なおうちがあって、素敵なところでしょ??
学生のころ、このあたりの古民家に住みたいな~といつも思っていました。
でも雪が多いのが難点。

また始まりそうな予感

2008.08.11 *Mon
今日は朝から面接に。
「文句言われるから、言わない」、という悪循環を断ち切るため、この頃は物事を進める前にダンナに正直に話すようにしている。

本当は自分の仕事を手伝ってほしいダンナ。
時間の短いパートを探している時は、しぶしぶだけど了解していてくれたようだ。
私としては、無理せず働ける良さそうな会社があれば、正社員の仕事も視野に入れて探している。
先週、年間休日数の多い仕事を発見。
ダンナに「残業がなければ、この会社に面接行ってみてもいい?」と聞いてみた。
確か「うん」と言っていたはず。
しぶしぶだけど、「自分で(子どものことも)考えて動いて」と言っていた。

それなのに、今日。
面接が終わってケータイの電源をつけるやダンナから電話が・・・。
私に「あの週4日(出勤)でいいっていうやつか?」と聞くので
「今日はまた別の面接だよ、残業がなければ面接行っていいって言ってたやつ」と言うと、
「短い時間のならいいって言った」、ととたんに不機嫌になってしまった。
まだ全然決まったわけじゃないんだけど・・・。
ていうか人の話聞いてるのかな??

さらに昨日からぶつぶつ言っている。
「お前は仕事が始まると口がウルサクなる」
電話でパキスタン人のお友達相手に「仕事したいなんて、自分がダンナの上に立ちたいから言ってるんだ」などと話している。

う~ん・・・。
また仕事している時と同じ状況になりそう。
自分ひとりでやっていけないから私が手伝っているにも関わらず、女が家事をやって当たり前、できなければ「疲れていて」なんて言い訳さえも聞いてくれない。
男は休みの日は休めるけど、女は子どもたちの世話から溜まった家事まで大忙し、休みなんてないのにね。
自分はゴロゴロしてテレビ見ていても、子どもがウンチしたのさえ洗ってくれない。
それなのに「お前は片づけができない、ゴミみたいなおうち」なんて言う。

今回どんな形にせよ仕事を始めるにあたって、肝に銘じなければいけない。

何を言われても、できるだけ言い返さないようにガマンする。

今までと違い、ダンナだけでやっていけないから働くんじゃない。
自分の蓄えと、私たちの将来のため。
だから「自分ひとりでは食べさせられないくせに!」というカワイクない態度を改めなければ。

でもホントは信じて欲しいんだけどな。
自分が上に立ちたいから仕事するんじゃない。
働ける時に働いて、少しでも自分たちのお金を作らなきゃ。
アンミとアブをハッジに連れて行ってあげようよ。
アブの病気も日本の病院で診てもらおうよ。
きっと少しは良くなるから。

私のこと、もっと解ってほしい。


 

こぱ

2008.08.09 *Sat
自宅から車で20分ほど走ると、かなりの規模の蓮の群生地があります。
今日はそこへ子どもたちを連れて行ってきました。

長男が、お絵かきコンクールに出す作品(!)を描くためです。
コンクールに出す作品は、一応県内の風景を描くことになっているので、どこに連れて行こうかと考えていたところ、たまたまこの群生地を通りかかり「これだ!」となったのです。
こぱ(蓮の実)は、パキスタンで売り歩いている人を見かけていて長男にも馴染みがあるので蓮を描くことに決定。

ひとことで蓮、といってもいろんな種類がありますよね~。
今日描いたのはサトイモの葉っぱみたいなやつだけど、お皿のような葉っぱが浮いている種類もあるし、花だって薄い紫や青、それに白、花の形もいろいろあるみたいですね。
Picture 026
もうちょっと近づいて・・・
Picture 027

結果から言うと、今日はいいものが描けませんでした。
長男曰く、「あつすぎたんやもん~」
大きくて薄いピンクのきれいなお花よりも、ひげがもじゃもじゃしたこぱ、種になりかけのこぱ、の方に興味がいっているようで、お花はひとつも描かれていませんでした
さらに浮いている葉っぱを赤で描く大胆さ

三男は眠ってくれていたので、チャイルドシートごと木陰に
Picture 020 Picture 023

途中、軽トラックのかき氷屋さんが回ってきたので、長男と次男にひとつづつ買ってあげました。
かき氷を作るところをはじめて見た子どもたち、微動だにせずおじさんの様子を見つめていました。
Picture 036
Picture 037
↑次男、かき氷なのに吸っています(笑)

暑くて集中力が続かず、落ちていた葉っぱをかぶって遊んでいます。
Picture 033

誰がどうやって取ったのか、この葉っぱ。
取られてから時間が経っていたらしく、カリカリになって丸まって、ちょうど帽子みたいになってます。


お盆が近いこともあり、足立や湘南など遠いところのナンバーをつけた車もやってきていました。
暑かったけど、連れて行ってあげられて良かったぁ。
でも子どもって大人がアレコレ整えてもダメですね、気分が乗らないと。
こぱだって、私が「コレ描かせたらいいんじゃないか」って、勝手に決めたものだし。
保育園で描いてくる絵の方が、よっぽどいいのが描けています。
描きたいときに、描きたいものを描いてくださいな。



はじめての映画館

2008.08.04 *Mon
行ってきました「崖の上のポニョ」を観に
20080721135923[1]

近ごろ仕事が忙しく、ちっともおうちにいないパパ。
先週も、日曜日だというのに朝からお仕事に。

昼下がり、つい子どもたちに「ばばがいなくて(どこも行けないし)つまんないな~」と言ってしまいました。
すると長男に
「ばばは、A(自分)ちゃんとかMちゃんにぽにょみせてくれるために、おしごとがんばったはるんやろ~!!」
と怒られてしまいました

この言葉に心動かされたパパ、夕方には仕事を切り上げて帰ってきてくれることになりました。
そして子どもたちにははじめてとなる、映画館へ連れて行ってもらったのでした

映画館までの道のり、次男は「ぽーにょ ぽにょ ぽにょ さかなぽにょ~(ホントはさかなのこ~)」とゴキゲンに歌いつづけていました。

映画は・・・とっても良かったです
でも私は、映画にくぎ付けになっている子どもたちを見ているのが楽しかったかな

長男は「静かに見る」約束をしていたのですが、映画が楽しくてついきゃ~と声を上げてしまうことが何度かありました
次男は「また ぽにょ みよなー!!」を連発していました

今 我が家では
「ぽにょ そうすけ すき~
「ぽにょ にんげんに なる~」 
がブームです

また いいこといっぱい あったらいいね。






祝 寝返り!

2008.08.03 *Sun
おとといの晩、ついに3男が寝返りをしました

子どもたちを寝かしてから家事をしていると、ふぎゃふぎゃと3男の泣き声が

あらら・・・と思いつつすぐに泣き止んだので、しばらくしてから様子を見に行きました。

すると仰向けに寝かせておいたのに、見事にひっくり返って寝ていました

次の日も、朝からがんばっています
Picture 011

なかなか下になっている方の手が抜けなくて、そのうちふぎゃふぎゃ言い出します。
がんばれ

Picture 013



プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。