This Archive : 2008年07月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏日に想うこと

2008.07.24 *Thu
ここ数日、車に乗り込むと命の危険さえ感じるほどの暑さ。
つい「これは死んでしまうわ~」と独り言を言ってしまった。
こんな暑い所にいたら、死んでしまう。
本当にそう思う。

もう10日くらい経つだろうか、夕方たまたま実家にいて、なんとなくついているテレビを眺めていた。
強い日差しの中に、黒っぽい車の映像。
インタビューされているおじさんが、「何日か前からそこに停まっとったで。・・・いや、涼しい所に移動しようなんて気ィがないわな」と言っていた。
あ、熱中症か、誰か亡くなったんだな。と思った。
次にアナウンサーの口から発せられた名前と画面に出た文字に心当たりがあった。
「え!これどこの話?!」と思わず声を上げてしまった。
にわかには信じられず、同姓同名ではないかと思ったが、私たちの住む県警の名前が出てきた。
「やっぱりあの人なのか・・・」
ニュースは続いていて、「○○さんは2年ほど前から家族と連絡を取っておらず、車で生活して・・・」というのを聞いて母が「でも家がない人だって言ってるよ?」と言った。
でも私には確信があった。
少し変わった読み方をする名前なので、よく覚えていたのだ。
年のころもニュースで言っているくらいだろう。

その人は、ダンナが何度か商売がらみで連絡を取っていた人だった。
確か娘さんが2人いると聞いていた。
最後に連絡を取り合ったのは半年ほど前だろうと思う。
あまり要領を得ない仕事をするので、ダンナが「もう彼とは商売しない」と言って連絡を取らなくなったのだ。

深夜に帰宅したダンナに、○○さんって元気にしてる?
一度電話してみたら?と今日ニュースで聞いたことを話した。

数日後、帰宅したダンナが言った。
「やっぱりあの人だったよ。」
知り合いの車屋さんから聞いて、ハッキリしたようだ。
その人は、亡くなる2週間ほど前に、その車屋さんに現れていた。
もう何日もごはんを食べていないと言っていたらしい。
それで、お金を貸して欲しいとか言ったの?と聞くと
いいや、そんなことは言ってなかったらしい。
ただガソリン入れるお金もないとは言ってたみたい。と。

もう何もかもどうでもよくなっていたのかも知れないね。
死んじゃってもいいと思っていたのかも知れない。
と私は思った。
そんな状態じゃ、ケータイも当然繋がらなくなっていただろう。
でも彼が、何とかしよう、何とか生きようと思っていたなら歩いてでも知り合いの車屋さんに行って、
直接お金を借りることだってできたはず。
暑い暑い車内にいなくたって、自分だけ木陰に移動したら助かったかもしれないのに。

彼の名刺に、彼自身が書き込んだメモが、とても達筆だったのを思い出した。
何とかならなかったのかな。
あの日からずっと、あの日と同じ真夏日が続いている。
毎日休まず彼のことを思い出してしまう。
スポンサーサイト

納涼祭

2008.07.21 *Mon
土曜日は、子どもたちの通う保育園で納涼祭がありました。
何日も前から「あと○回寝たら”にょうりょうさい”やで!!」と楽しみにしていた長男。
ダンナには「仕事が早く終われそうなら見に来てあげて」と言っていたのですが、残念ながら仕事が忙しく見に来てもらうことができませんでした

納涼祭には同じ園に通う妹の子どもたちも来ていて、とっても楽しかったです。
この保育園を卒園して、春から小学校に上がった妹の長男も出番があり、いい納涼祭だなぁ、と思ってしまいました

初めの挨拶が終わると、長男・次男は真っ先に金魚すくいコーナーへ。
真剣です↓ 隣の女の子、スゴイですよね。
Picture 029_convert_20080721000142
それから手作りおもちゃコーナーでロケットを作りました。
Picture 049_convert_20080721000649
最後は長男がパパにも見てもらいたかった、キラキラステージでの踊りです↓
Picture 092_convert_20080721004046
ど真ん中で、飛び出して踊っています
「だって、ままにみてもらいたかったの!!」だそうです。
とっても上手に、堂々と踊れてたよ
長男のクラスには手術で入院しているお友だちがいるのだけど、その子も特別に外泊許可が出たそうで、参加していました。
その子が入院する前、得意の製作でプレゼントを渡していた長男も、久しぶりに顔が見れてとっても嬉しそうでした
ひたすら暑かったこの日、3男はばぁばに抱かれてお疲れの様子でした・・・。Picture 103_convert_20080721004309

去年の納涼祭には、ひたすらかたくなになっていたババに「行くな」と言われて参加できませんでした。
だから、今年は楽しく参加できて良かったね。
嬉しい嬉しい長男は、「あしたも おまつりやで!」と言っていました

落ち着かない毎日

2008.07.20 *Sun
いろいろ困った問題が発覚して、せっかくやる気まんまんで始めた仕事を辞めてまた別の仕事を探す毎日です。
ちゃんと社員で、と初めははりきって探していたのですが、そうこうする内に3男に風邪をひかせてしまい腰が引け気味に・・・
これからしなければならない予防接種や健診がたくさんあるけれど、その度に休みを取るわけにもいかないし。
3男はまだ3ヶ月。
そんなに急がなくてもいいかな、と思いはじめたのです。
とりあえずは私も子どもたちにもムリのないよう、パートで働くのもいいかな、と思い直している今日この頃です。
というのも、「発想の転換」をしてからダンナの仕事がにわかに忙しくなってきて、そっちのお手伝いもバタバタしてきているのです。
ありがたいことです。
搾取される毎日から(自己資金を作らず見切り発車するからこうなるのです)自立へ、といったところでしょうか。

今まで金銭的には本当につらかったけれど、少し先が見えてきた気がします。
もう私がはっちゃきになって働かなくてもいいようです。
調子ノリのダンナは「もう仕事をしなくていい」などと言っていますが、これはまた別問題。
私だって私の人生があるのです。
とりあえずはパートで始めようと思っているけれど、将来的にこうしたい、というのがあってのことだから、働くことは止めたくないと思っています。
いつパキスタンにいくかもしれない、いつダンナの仕事を本格的に手伝うことになるかもしれない。
でもそれはそうなった時に考えればいいことだと思っています。
今までそれらに流されすぎたのです。
ダンナに振り回されて、地に足をつけてこなかったのです、いつも浮き草みたいに。
だから、何だかまとまりのない経歴を作ってきてしまったのです。
その時その時は、私なりに必死で自分たちの生活をまともにしようと頑張ってきたのですが・・・。

そんなこんなで、子どもたちを保育園にお願いしているにも関わらず、仕事の決まらない落ち着かない毎日を過ごしています。
でも頑張ることを止めないでいたら、きっと良いことがあると信じています

プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。