This Category : 家族のこと

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちっちゃい魚とれました!!

2008.06.01 *Sun
梅雨入り間近でグズグズしたお天気がつづく今日このごろ。
朝から気持ちよく晴れた今日は、子どもたちを連れて魚を捕まえに行くことに。
子どもたちを連れて行くならココ!と前から目をつけていた浅瀬の、向こう岸に渡りやすそうなポイントに直行。
でもまだまだ水が冷たくて、渡りきるころには足がジンジンしていました
赤ちゃんを抱っこしているものだから、うっかり滑って水の中・・・なんてこともできないし、緊張した~
パパ、がんばってます↓
DSC00372.jpg

子どもたちは思い思いに・・・
左にいる次男は、網に石ころばっか入れています
DSC00368.jpg

どうせ魚なんか捕れないと思っていた私。
バケツも持っていかなかったので、パパがとりあえず網で生けす(?)にしました。
(中州の砂に挿して固定しています
DSC00373.jpg

「まちり(お魚)いるいる~
DSC00387.jpg

子どもたちが騒いだので逃げられてしまい後半振るいませんでしたが、ちっちゃいお魚が10匹ほど捕れました。
うちに帰って金魚たちのいる水槽へ。
でも数時間して水槽をのぞくと、1匹しか見当たらないのですが・・・これってまさか・・・
確かに大きい魚(金魚が大きくなったようなの)はいるんですが、これって他の魚を食べたりする種類なのかな・・・
小魚ちゃんたち、ほんとにごめんなさい。
スポンサーサイト

こども、そして現実

2008.05.15 *Thu
なんと1年半ぶりに、新しく記事を書きます。
日本に帰ってきてから、本当にいろんなことがありました。
本気で離婚を考えたことも・・・。

3月末に、3男が生まれました。
本当に本当に嬉しいことです。
子どもたちには、”おとうさんとおかあさんの子どもに生まれてよかった!”と
思ってもらえるような両親でありたいと思いつつ、現実はそんな理想とはほど遠いのです。
けれど愛情たっぷりに接していれば、まっすぐに育ってくれるはず、と信じてこれからもがんばっていこうと思います。

先日の北海道でのネパール人夫による日本人妻の殺害事件について、だんなは「家庭の中でくつろげないのなら、それは家ではない」と言っていました。
経営不振で夫婦が不仲になっていたらしいという報道に対する言葉だったようだけれど、暗に私を非難しているようなのでした。
この頃はケンカすることも少なくなり、まあ平穏に日々過ぎているのですが、この言葉にだんなとはちっとも分かり合えてないなぁと気づかされてしまったのでした。
くつろげない家と感じられているとは、なんとも悲しくなってしまいます。

家族写真

2006.06.21 *Wed
P6120012.jpg

義弟に頼んでいた家族写真が、昨日やっと出来上がってきた。
ひとつは義妹の結婚式で主人と2人で撮ったもの。
もうひとつは主人が日本に発つ朝、子どもと一緒に撮ったもの。
私はこの写真のために、日本から写真立てまで用意してきたのだ。
小さい子がいるから、自分の置きたい場所ではなく、やたら高いところに飾ることになってしまったのだけれど・・・。

写真を見てつくづく思う。
どうして一緒に暮らせないのかなぁ。
そして主人と結婚した時の気持ちを思い出してみた。
以前から、男の人は自分の子供でも、自分が産まないから愛着がわかないんじゃないか、という漠然とした不安があった。
けれど知り合いの所へ訪ねたとき、その家の障害のある子どもを、フリではなく本当に可愛がる主人の様子を見て「あぁ、この人ならきっと大丈夫だ」と思ったこと。
ラホールの街並みを眺めながら、「ここにいつでも帰ってこられるなら結婚してもいいや」と思ったこと。

それでも、こちらの家族がみんなしてるように、私も家族みんなでオートバイに乗ってお出かけしたい。
普通のことがしたい。
簡単に日本とパキスタンを行き来できるようになったら、そんな風に思わないんだろうな。
そういう日が来ることを信じて、今はじっと我慢の子。
主人も日本でがんばっているから・・・。

杏のアイスクリーム

2006.05.24 *Wed

新婚の義妹が、だんなさんとその妹たちと一緒に私をアイスクリーム屋さんに連れ出してくれた。
先週主人を日本に見送ってから、元気のない私を気遣ってくれたのだ。


 結婚後ビザが下りて夫が日本にやって来るまでの9ヶ月間、
それから1年半前単身里帰りした時の10日間を除いて毎日一緒に暮らしてきたのに・・・。


パキスタンに妻子をおいて単身日本で働いて頑張っているパキスタン夫は多いけれど、多くはある程度生活のメドがたっている方たちのように感じる。
けれどウチは正反対。
生活の安定を目的に、日本での生活費を削るため私たちはここにいるのだ。
本当は側でもっともっと支えたい。
一緒にいたら、ケンカしながらでもお互い頑張れるのに。


パソコンで毎日会話をするけれど、日本にいる夫のカメラから見える映像は、私たちのいない暗い部屋。
疲れているのに、食欲もないのに何とかゴハンを作っている夫。


義妹たちと食べたのは、杏のアイスクリームだった。
多分、杏のアイスクリームを食べたのは初めてだと思う。
予想以上に爽やかで美味しいアイスクリームだった。
義妹たちの、優しい心づかいがトッピングされていたのかな。


プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。