This Category : 夫のこと

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その大きな手を

2009.01.20 *Tue
近頃、彼らは増殖している、と感じる。
彼ら、というのはダンナのような男たちのこと。
ささやかな幸せを脅かそうとする種類の人間たち。
時々、あちらから大量生産されて、どんどんこちらへ送られてきているように感じることもある。

今日子どもを保育園へお迎えに行くと、長男のクラスの先生がこう言われた。
「本当にパキスタンへ行くんですか?なんだか最近、いかにも本当のことのように言うんですよ」
子ども心にも不安がいっぱいなのだ。
いよいよ”5歳になったらパキスタンへ送ってやる”といダンナが言っていた、5歳になったから。
長男は数日前も私に聞くのだった。
「ほいくえん、ぞうさんでおわりなんやろ?」
一瞬子どもの言っている意味が分からず、
「なんで?きりんさんにならへんの?」
と聞き返してしまった。
子どもは、自分は次のクラスへ進級して、保育園で過ごすことはできないんでしょう?と聞きたかったのだ。

先生方は配慮し、努力してくださっている。
子どもが、「パキスタンは良いところなんだ」と感じ、帰るのが楽しみになるように。
そんな先生方の気持ちに全く気づかず、家庭内で台無しにしているのがダンナ。
長男を叱るときには必ずと言っていいほど発する言葉。
「お前なんかパキスタンへ送ってやる!」
「あっちへやらないと、まともにならないみたいだな!」

そんな風に言ったら、パキスタンへ行くことが罰みたいに感じてしまうじゃない。
もっと優しく諭すことができないかな。
そう思う場面が、日常に数え切れないほどある。

お絵描きや何かを作るのが大好きな長男の作品を、”ゴミ”と言い切り長男の目の前でぐちゃぐちゃに丸めて捨てることもある。
私だって全部は取っておけないから捨てることはあるけれど、長男のいない間にこっそり捨てることにしている。
丸めて捨てているのは子どものお絵描きじゃない。
子どもの気持ちをぐちゃぐちゃにして捨てているのとおんなじだ。
そして、捨てられて泣きついてくる長男を「泣くな!」と怒鳴る。
親の言うことは絶対なんだって。
でもその親子愛って、ただ老後のためだけにあるような気がする。
老後の面倒を当然のように看てくれるためには、自分の言うことには従う子になってもらわないとね。

だから、私があまりの思いやりの無さにたまりかねて家事をさぼって逆らうと、
「お前のいる意味がない!」と顔に手を出すようなことができるんだ。
人の気持ちなんて思いやる想像力が育てられていないか、そういう思考回路じゃないんだね。
それは彼らの育った土地柄に理由を求めたくなるけれど、きっとそうじゃない。
どんなにからっからに乾いた土地にでも、どんなに極寒の地であろうと、人を思いやることができる人間は育つだろうし、尊敬できるデキた人というのは世界共通だと信じたい。

いつかダンナが言っていた。
自分のお父さんは、一緒に商売をしていた相手にかなりのお金を持ち逃げされたんだけれど、その相手をしつこく追いつめないで赦したんだって。
美談みたい。
ダンナも、私の忠告を無視しては同じ国の人たちに騙されたり、弱みをつかれて正当な主張ができなかったり・・・それも父親の美談を受け継いでいるつもりかな。
でも、その大切なお父さんにさえ送金してあげられない現実があるのに、こちらの家族がこんなにあえいでいるのに、何もできないのはただの我儘でしかないと思う。
家族を守れないなんて、そんな美談、要らない。

私に振り上げるその大きな手を、本当の意味で家族を守るために使えないの?

何年も土の中で過ごす蝉のように、あるいはラフレシアの花のように、じっと時機がくるまで身をひそめていよう。
どちらにしろ今は動けないのだから、余計な波風は立てないように。

長男にはいつも言い聞かせている。
「ばばは、○○だけパキスタンへ行かせるなんて言ってるけど、心配しんでいいしな。行くときは、ママも一緒やしな。」
一度している失敗だけに、子どもを手放したら最後、のような気がする。

 
スポンサーサイト

また始まりそうな予感

2008.08.11 *Mon
今日は朝から面接に。
「文句言われるから、言わない」、という悪循環を断ち切るため、この頃は物事を進める前にダンナに正直に話すようにしている。

本当は自分の仕事を手伝ってほしいダンナ。
時間の短いパートを探している時は、しぶしぶだけど了解していてくれたようだ。
私としては、無理せず働ける良さそうな会社があれば、正社員の仕事も視野に入れて探している。
先週、年間休日数の多い仕事を発見。
ダンナに「残業がなければ、この会社に面接行ってみてもいい?」と聞いてみた。
確か「うん」と言っていたはず。
しぶしぶだけど、「自分で(子どものことも)考えて動いて」と言っていた。

それなのに、今日。
面接が終わってケータイの電源をつけるやダンナから電話が・・・。
私に「あの週4日(出勤)でいいっていうやつか?」と聞くので
「今日はまた別の面接だよ、残業がなければ面接行っていいって言ってたやつ」と言うと、
「短い時間のならいいって言った」、ととたんに不機嫌になってしまった。
まだ全然決まったわけじゃないんだけど・・・。
ていうか人の話聞いてるのかな??

さらに昨日からぶつぶつ言っている。
「お前は仕事が始まると口がウルサクなる」
電話でパキスタン人のお友達相手に「仕事したいなんて、自分がダンナの上に立ちたいから言ってるんだ」などと話している。

う~ん・・・。
また仕事している時と同じ状況になりそう。
自分ひとりでやっていけないから私が手伝っているにも関わらず、女が家事をやって当たり前、できなければ「疲れていて」なんて言い訳さえも聞いてくれない。
男は休みの日は休めるけど、女は子どもたちの世話から溜まった家事まで大忙し、休みなんてないのにね。
自分はゴロゴロしてテレビ見ていても、子どもがウンチしたのさえ洗ってくれない。
それなのに「お前は片づけができない、ゴミみたいなおうち」なんて言う。

今回どんな形にせよ仕事を始めるにあたって、肝に銘じなければいけない。

何を言われても、できるだけ言い返さないようにガマンする。

今までと違い、ダンナだけでやっていけないから働くんじゃない。
自分の蓄えと、私たちの将来のため。
だから「自分ひとりでは食べさせられないくせに!」というカワイクない態度を改めなければ。

でもホントは信じて欲しいんだけどな。
自分が上に立ちたいから仕事するんじゃない。
働ける時に働いて、少しでも自分たちのお金を作らなきゃ。
アンミとアブをハッジに連れて行ってあげようよ。
アブの病気も日本の病院で診てもらおうよ。
きっと少しは良くなるから。

私のこと、もっと解ってほしい。


 

怒!

2008.06.17 *Tue
日曜の夕方、3男がいつになく泣き続けていた。
おっぱいに見向きもしないほど激しく泣くので、私も少し心配はしていた。
けれどここ2日うんちが出ていないので、不機嫌なのもそのせいだろうと思っていた。

ダンナは3男がわんわん泣いている時にお昼寝し始め、その後3男が眠ったことを知らない。
ダンナがお昼寝から目が覚める直前に、3男が目を覚まし、また激しく泣き出した。
3男がずっと泣き続けているとカン違いしたのか、ダンナは起きるやいなや私を怒鳴りつけ、「こんなに泣いてるなんて、どっか痛いに決まってる!病院へ連れて行くから、早く着替えろ!!」と言う。

でも大泣きしている3男を抱っこしているし、病院へ行くほどのことかな??と思っていると、また「何で着替えないんだ?!」と3男を私から取り上げ、私を突き飛ばした。
突き飛ばされて転んだ私を見て、同じくお昼寝から目覚めたばかりの次男は泣き出すし、長男は「まま、ばばにごめんって言い?」となんとか事を落ち着けようとしてくれた。

こないだケンカした後に、自分から謝ってきたダンナに感動したばかりだったのに、この出来事は何なんだ?!と頭が回らなくなってしまった。
そこへダンナが追い討ちをかけるようにこう怒鳴った。
「お前の母親は(私がお腹にいるときに)何を食べたか分からない、だから娘がこんな風になるんだ!!がしてぃーでぃあぷとれ!!!早く服を着やがれ!!」

結局、病院に着く頃には3男は眠ってしまっていて、お医者さんにも「機嫌が悪いから、連れてきたの?・・・どこも悪いようには見えないよ?むしろ泣かない方が心配するんだけどね。」と言われて帰ってきた。
お医者さんが、一応お腹や胸を丁寧に診察してくれたので、ダンナも何も言わなかった。

子どもを心配して大事に思う気持ちは分かるんだけど、なぜ私が(母も)あそこまで言われなくちゃならなかったのか、なんで何回も突き飛ばされなければならなっかったのか、さっぱり分からないんですけど?

それに、「がしてぃーでぃあぷとれ」って何ですか??

誰か言葉の意味をご存知の方、教えてください。
またウルドゥー語の悪態のレパートリーが増えそうです

病院へ行く車の中で、次男が「ばば、あかんな~」と言ってくれた。
するとダンナが「おい!おまえはだまれ!」などと言ったのだけれど、何だか滑稽でクスッと笑いそうになるのを堪えるのがやっとだった。
次男、ありがとね。
長男だって、私がそれ以上痛いことをされないように、謝った方がいいと思ったんだよね?
子どもたちに、ほんと救われています






「ごめんね」

2008.06.13 *Fri
しばらく無かったのに、昨晩またダンナが手をあげた。
お互いとても疲れていたから、私もカッとなってしまった。
冷静に、冷静になろうと思ったけどダメだった。
こうなってしまうダンナの心境を頭では分かっていても、手を上げられるのは辛い。
私だってダンナの仕事を、昨日は午前0時を過ぎるまで手伝ったのだ。
疲れていたけど、たまっていた食器洗いをやらなくちゃ、とキッチンに立っている自分がバカバカしくなってしまった。

お互い疲れていることを知っているのに、なんで優しい言葉をかけられないのだろうか。
なんで先に非難の言葉が出てくるのだろうか。
ダンナが帰宅した時に、寝かしつけていた子どもたちと一緒になってウトウトしていた私がよっぽど気に入らなかったのだろうか?

心を落ち着けるため、洗い物をほったらかしにして隣の部屋へ行った。
涙が出てきた。
これくらいのこと、大したことじゃない。
いつものことじゃないか。
仕事に復帰した後も、起こり得ることの練習だと思えば・・・。
顔にアザをつくったまま出勤しなければならない、それに耐えることを考えたら、これくらいでくじけていたらいけない。
そんなことをぐるぐる考えていたら、少し落ち着いてきた。

翌朝、ダンナがわりと普通に接してきたので、私も口をきくことにした。
私も大人になったなぁ、なんて思いながら。
そしていつものように送り出した。

ここからだ、今までと違うのは。

子どもたちを保育園に送り出そうとバタバタしていると、さっき出たダンナから電話が。

「きのう、ごめんね・・・わたしもつかれてたから」

この言葉、ダンナがはじめて言った。

だから私も「わたしも、ごめん」と素直に言えた。
今までは自分が乱暴しておいて、”お前が悪いから手が出るんだ”の一点張り。
謝るなんてとんでもない話だった。

そのダンナが今日、自分から謝ったのだ。

こないだ”想像力をはたらかせて、思いやりをもってダンナに接する”と決めたばかりなのに、昨日の出来事には生かすことができなかった。

頭で考えていても、実際そのように行動するのって難しい。
唯一の進歩は、私がそれ以上ことを大きくしないように、グッとこらえて隣の部屋へ行ったことかな。
そして、その最中に冷静にならないと(できなかったけど)、と自分でその状況を自覚していたこと。

思いやり、思いやり。
まだまだだなぁ、私。


変化

2008.06.03 *Tue
昨年末、ダンナと大ゲンカをした。
もうダメかと思った。
警察沙汰にもなったし、もう絶対分かり合えないと思った。
初めて子どもたちを連れて家を空けた。

あれから半年。
3男も生まれて、ダンナの変化を感じる。
以前は、ダンナの目が気になって窮屈で、無意識にガマンしていることが数え切れないほどあった。
例えば、実家の母と会うこと。
ダンナの留守の間に、ささっと会うのが精一杯だった。
それもダンナから電話があったら何て言おう、子どもが言ってしまったらどうしよう、なんてビクビクしながら・・・。
母と会った後にケンカになった時など、必ず「お前の母親の入れ知恵だろう」と言われ、とにかく嫌だった。

例えば、私と子どもたちが日本のごはんを食べることをよく思わないこと。
ダンナが帰宅する前に慌てて食べさせていた。
また反対に、子どもがパキスタン料理を食べない時などとたんに不機嫌になり、「ママがそういう風に教えてるんだな」と言う。

今、母とはダンナも一緒に気楽に行き来ができるようになっている。
私もあれこれ理由を考えなくてよくなった。
安心して会うことができるようになった。
本心は、やはり母が何かしら入れ知恵していると思っているようだけど。
母がそんな人間だと誤解されていることは許せないけど、ダンナ側の変化も認めないといけない。

日本のごはんも、ダンナの前で食べてもあまり何も言わなくなった。
納豆は、今でも買うことさえ禁止されているけれど。
子どもがパキスタン料理を食べたがらないと(ぱくぱく食べることもあるけど、子どもだって気分が乗らないときがある)不機嫌にはなるけど、その度合いが少しマシになった。

そして私が友だちに会うことが制限されないようになった。
以前は地元から遠く離れた場所に住んでいた。
1年に一度実家に帰省して、私が久しぶりに友だちに会うことさえ気に入らないようだった。
1年ぶりに会う友だちと、積もる話もあるというのに、30分くらい会うのがやっとだった。
「まだか、まだか」とケータイに電話してきて不機嫌な声を出すので、とてもじゃないけどゆっくり話なんてできなかったのだ。
それが今では友だちの家まで送ってもらったりしている。
多少は不機嫌そうだけど、これ以上のことは望めない。
ダンナにしたらとても大きな譲歩、私にとっても大きな変化なのだ。

状況が悪い時は、悪いことが悪いことを呼び、悪循環になってしまう。
その渦中にいる時には、なかなかそこへ思いがいかないのだけど。
明らかに、ダンナは変化している。
今こそ私自身も変化するときだ、と強く思う。
私の欠点は私が一番よく分かっている。
もっと想像力をはたらかせて、思いやりをもってダンナに接したいと思う。
これからは、良いことが良いことを呼びますように・・・




プロフィール

りむしゃ

Author:りむしゃ
パキスタンのラホールにて子育て中です。
私生活は不安がいっぱいですが、こちらでの生活を自分なりに楽しみたいと思っています。
※現在日本にいるので、お休み中です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ラホールの街角から All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。